スポーツ

DeNAが大田泰示、藤田一也ら獲得で「日本一1998年を想起させる補強」

右打者の大田泰示の獲得は願ってもない補強か(時事通信フォト)

右打者の大田泰示の獲得は願ってもない補強か(時事通信フォト)

 12月14日、DeNAは日本ハムを自由契約(ノンテンダー)になっていた大田泰示(31)の獲得を発表した。大田は今季76試合で打率2割4厘、3本塁打、20打点と不調に終わったが、昨季までは4年連続100試合以上に出場。2019年には2割8分9厘、20本塁打、77打点という数字を残し、2020年には外野でゴールデングラブ賞を獲得。日本ハムの主力として活躍していた。プロ野球担当記者が話す。

「今年のDeNAは例年と違い、オフの動きが活発です。まず、石井琢朗氏、斎藤隆氏、相川亮二氏という一度は横浜を出て行った人間をコーチとして呼び戻した。彼らのように現役時代に実績のあるコーチ陣は近年のDeNAに最も足りない部分でした。そして、楽天を退団した39歳の藤田一也、大田の獲得にも成功した。優勝経験のない選手ばかりのチームにとって2013年の楽天日本一を知るベテランの加入は大きいし、外野の一角を狙える右打者の大田も願ってもない補強と言えます。出場数は少なかったですが、大田も巨人時代に優勝も味わっていますし」(以下同)

 今季のDeNAは外国人が新型コロナウイルス蔓延の影響で開幕時に来日できず、4月終了時で6勝21敗4分と借金15を抱えてダントツの最下位だった。オースティン、ソトという主力が復帰してからは持ち直したが、序盤の低迷が響き、6年ぶりの最下位に沈んだ。

「DeNAは、レギュラー陣と控えの差が歴然としている。優勝を目指すには、その差を縮めないといけない。もう何年も前からの課題でした。そこに、実績のある大田を獲得できた。右の代打にも困っていたし、長いシーズンではケガ人も出る。大田は広い札幌ドームを本拠地として20本塁打を放っており、狭い横浜スタジアムならフル出場すれば30本塁打打てるだけのパワーを秘めている。ソトが今年のような不調が続くなら、巨人時代に守ったことのあるファーストのバックアップ要員としても起用できるのでは」

 今オフの補強は、日本一になった1998年を思い起こさせるものだという。

「必要なピースを埋めている点で似ています。1997年オフは大魔神・佐々木主浩につなぐセットアッパーの盛田幸妃を出してまで近鉄から左投手に強い中根仁を獲り、同じ近鉄から左打者の荒井幸雄も無償で譲り受けた。また、内野手の永池恭男を放出し、巨人から左腕の阿波野秀幸をトレードで呼んだ。この移籍3選手が脇をしっかりと固めた。中根と阿波野は近鉄で、荒井はヤクルトで優勝を経験していたことも大きかった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン