スポーツ

DeNAが大田泰示、藤田一也ら獲得で「日本一1998年を想起させる補強」

右打者の大田泰示の獲得は願ってもない補強か(時事通信フォト)

右打者の大田泰示の獲得は願ってもない補強か(時事通信フォト)

 12月14日、DeNAは日本ハムを自由契約(ノンテンダー)になっていた大田泰示(31)の獲得を発表した。大田は今季76試合で打率2割4厘、3本塁打、20打点と不調に終わったが、昨季までは4年連続100試合以上に出場。2019年には2割8分9厘、20本塁打、77打点という数字を残し、2020年には外野でゴールデングラブ賞を獲得。日本ハムの主力として活躍していた。プロ野球担当記者が話す。

「今年のDeNAは例年と違い、オフの動きが活発です。まず、石井琢朗氏、斎藤隆氏、相川亮二氏という一度は横浜を出て行った人間をコーチとして呼び戻した。彼らのように現役時代に実績のあるコーチ陣は近年のDeNAに最も足りない部分でした。そして、楽天を退団した39歳の藤田一也、大田の獲得にも成功した。優勝経験のない選手ばかりのチームにとって2013年の楽天日本一を知るベテランの加入は大きいし、外野の一角を狙える右打者の大田も願ってもない補強と言えます。出場数は少なかったですが、大田も巨人時代に優勝も味わっていますし」(以下同)

 今季のDeNAは外国人が新型コロナウイルス蔓延の影響で開幕時に来日できず、4月終了時で6勝21敗4分と借金15を抱えてダントツの最下位だった。オースティン、ソトという主力が復帰してからは持ち直したが、序盤の低迷が響き、6年ぶりの最下位に沈んだ。

「DeNAは、レギュラー陣と控えの差が歴然としている。優勝を目指すには、その差を縮めないといけない。もう何年も前からの課題でした。そこに、実績のある大田を獲得できた。右の代打にも困っていたし、長いシーズンではケガ人も出る。大田は広い札幌ドームを本拠地として20本塁打を放っており、狭い横浜スタジアムならフル出場すれば30本塁打打てるだけのパワーを秘めている。ソトが今年のような不調が続くなら、巨人時代に守ったことのあるファーストのバックアップ要員としても起用できるのでは」

 今オフの補強は、日本一になった1998年を思い起こさせるものだという。

「必要なピースを埋めている点で似ています。1997年オフは大魔神・佐々木主浩につなぐセットアッパーの盛田幸妃を出してまで近鉄から左投手に強い中根仁を獲り、同じ近鉄から左打者の荒井幸雄も無償で譲り受けた。また、内野手の永池恭男を放出し、巨人から左腕の阿波野秀幸をトレードで呼んだ。この移籍3選手が脇をしっかりと固めた。中根と阿波野は近鉄で、荒井はヤクルトで優勝を経験していたことも大きかった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン