芸能

コント赤信号・小宮孝泰「亡き妻が残したレシピが悲しみを癒やしてくれる」

小宮孝泰氏は活躍を続ける

先立たれた妻を想い小宮孝泰氏は活躍を続ける

 妻に先立たれた人は、どのように悲しみを乗り越えていったのか──。長い人生の中では“その時”に備えておくことは重要だ。2012年に妻に先立たれた経験を持つお笑いタレント・小宮孝泰氏(65)に聞く。

 * * *
 コント赤信号の小宮孝泰氏は、2001年4月に妻の佳江さんからこう告げられた。

「落ち着いて聞いてね。“浸潤がん”と“非浸潤がん”というのがあるのね。浸潤がんというのは、がんの細胞が他にも増えていくがんのこと。非浸潤がんというのは、がんなんだけど、増えてはいかないがん。で、私は浸潤がんの乳がんなのね」

 関東ローカルの朝のテレビ番組のロケ中に沖縄で知り合った佳江さんと結婚したのが1991年のこと。10年後にがんが見つかり、それから12年間、夫婦で病と向き合った。

「最初にがんだと告げられた時は、その前にちょっと夫婦喧嘩をしていて、東京・初台のダイニングに呼ばれて喧嘩の続きがあるのかなと思っていたところに、がんを知らされました。その時点で彼女はがんに関して自分でずいぶんと調べていて、渡されたのが放射線科医の近藤誠先生の著作『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)だったんです。近藤先生を主治医にして、彼女は積極的な治療をしない選択をした。過剰な治療で体に傷をつけたり、代替医療で大きなお金を払ったりは最初から考えていませんでしたね」(小宮氏)

 近藤医師からのアドバイスもあり、「遠隔転移をしていない」「がん細胞がそれほど大きくなっていない」なら、毎年の検査を2年に1回にするといった方針で「がんの不安を常に意識しない」ように生活したという。

「6~7年経ってもがん細胞の大きさはそれほど変わっていませんでした。もしも遠隔転移をしたら、そこからは命の秒読みになってしまうけど、そうでなければ(がんを)忘れている時期が長い方が幸せだと考え、検査を2年に1回にしていました」(小宮氏)

 転機は2010年の春。腫瘍マーカーの検査で、がんの骨転移を疑わざるを得ない数値が出た。

「ショックでした。まだ、命の秒読みの段階ではないと思っていましたから。ちょうどその時、自分がプロデュースする大事な舞台があって、彼女に相談されたのに『今は舞台のことを考えたいんだ』というようなことを言ってしまったんです。彼女にはがっかりした顔をされて、先生からも『仕事も大事かもしれないけど、こんな大事なことをあなたが“後にして”というのはよくない』と注意されました」(小宮氏)

 その後、「覚悟をした」という小宮夫妻は、ホスピス探しや親友に打ち明けるなど最期に向けての準備を進めた。そして2012年10月31日、佳江さんは自宅で息を引き取った(享年42)。

「最後の1か月くらいは彼女が自分で探した在宅医療の先生に診てもらって、自宅で息を引き取りました。彼女は介護ベッド探しなど、全部自分で準備して逝ったけど、そのひとつとして僕が一人になっても大丈夫なように料理のレシピを残してくれました。僕も覚悟はできていたから、最後の1~2年は自分で料理をするようになっていて、今でも彼女が残したレシピで彼女の味を真似て作ったりもします。そういうことが悲しみを癒してくれているのかもしれません」(小宮氏)

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン