国内

大阪ビル放火 谷本容疑者は10年前、家族を道連れにしようとしていた

谷本容疑者の犯行動機は…

谷本容疑者の犯行動機は…

 大阪市北区曽根崎新地のビルから出火し、24人が死亡した放火殺人事件で、現住建造物等放火と殺人の疑いが持たれている谷本盛雄容疑者(61)。10年前には長男の頭を刺したとして殺人未遂容疑で逮捕されていたことが報じられたが、その時、元妻も含めた家族全員を道連れにしようとしていたことが新たに分かった。

 谷本容疑者は高校を卒業後、父親が経営する板金工場に就職。その後結婚し、2児をもうけるも、2008年秋頃に離婚している。その後、長男を刺す事件を起こしたのは2011年4月のことだ。当時、事件の裁判を傍聴した捜査関係者はこう話す。

「谷本容疑者は離婚後、寂しさに耐えかねて元妻に復縁を申し込んだものの、断わられ、さらに孤独感を募らせていったようです。自殺を考えるようになったが、死ぬのが怖くて踏み切れなかったため、誰かを殺せば死ねるのではないかと考えるようになった。そこで、“働いておらず元妻に迷惑をかけていた”という思いから長男をはじめに殺害し、『家族は一緒でなければならないから』と、元妻と次男も道連れにしようと考えた」

 事件前日、長男から家族4人で映画を見に行こうと誘われた谷本容疑者は、その機会を利用して家族を殺害し、自分も死のうと考えていたという。前出・捜査関係者が語る。

「家族で映画を見た後、『家に寿司を買ってあるから持って行く』と言って元妻たちと別れた谷本容疑者はいったん自宅に戻り、出刃包丁、刺身包丁、文化包丁各1本のほか、スタンガンや催涙スプレー、ハンマーなど多数の凶器を持って元妻宅を訪れた。その後、殺害の機会をうかがっていたものの、ためらう気持ちもあってしばらく犯行に及ぶことができなかったようです。

 しかし、翌日の明け方、そろそろ計画を実行しなければと思った容疑者が、飲酒して長男と口論になったのをきっかけに、出刃包丁を長男の頭や肩などに何度も振り下ろした。長男が抵抗し、玄関の外へ谷本容疑者を押し出したため、幸い致命傷にはならなかったそうです。裁判では、谷本容疑者から『家族全員を道連れにするつもりだった』ことを打ち明ける手紙をもらっていたことを元妻が明らかにしています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
ダンディーな色気が増す中井貴一
中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン