芸能

小栗旬主演の次期大河 徹底したハラスメント対策で良好な撮影現場に

小栗の演技にも磨きがかかる

小栗の演技にも磨きがかかる

 2022年1月9日にスタートするNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。北条義時を大河初主演の小栗旬(38才)が演じ、三谷幸喜氏(60才)が『新選組!』『真田丸』に続き3度目の脚本を手掛けるとあって、放送前から注目を集めている。昨今、重要視されるナレーションは長澤まさみ(34才)が務める。

「クランクインは半年以上前の2021年6月初旬。コロナの影響もあって、例年より2か月ほど早いスタートでした。現場は万全な対策をとっていて、出演者の靴まで消毒しているほどです」(ドラマ関係者)

 大河ドラマの撮影は、約1年2か月に及ぶ長丁場。特に大河のような規模の大きい作品では、所属の異なるさまざまな人が集まっていることもあり、いわゆる“ブラック”な労働環境や理不尽な上下関係の温床になりやすいといわれている。毎日のように顔を合わせれば、慣れもあり配慮に欠ける言動も生じかねない。

 だが、現場の雰囲気はすこぶる良好だという。そういった事態が防げている背景には、大河初の試みが関係しているようだ。クランクイン直前、「リスペクト・トレーニング」なる講習が行われた。

 これはもともとは『Netflix』が自社のオリジナルコンテンツを制作する際に、キャストやスタッフ向けに実施しているもので、相互へのリスペクト(尊敬・尊重)を深め、職場でのハラスメントを防止するのが目的だ。近年社会問題化しているハラスメント対策は重要視されており、オンラインで約1時間行われた講習には、出演者やスタッフなど60人以上が参加したという。

 まず、働き方として、「週1日は必ず休日にする」「撮影時間は1日12時間まで」「終了から次の日の撮影開始までは10時間空ける」、といった細かい項目が決められているという。そのメソッドは何も労働時間に限った配慮だけではない。

「台本にないセリフやシーンの強要や、拒否できないようなハラスメント防止はもちろんのこと、ハラスメントを報告した人への仕返しは許されないといった認識を全員で確認しました。悪質度などによっては、『イエローカード=注意』や『レッドカード=処分』もあると明示されて、身が引き締まる思いでした」(別のドラマ関係者)

 より効果的だったのが「リスペクト」というキーワードのもと行われたワークショップだった。

「“相手をあだ名で呼ぶ”、“演出側が2人きりで演技指導をする”といった状況を例に挙げ、ではどうすべきか、といったことをディスカッションしました。特に演技指導は、演出側が立場が上になり、2人きりの“密室”では、ハラスメント行為が起きがちですから注意が必要です。一人ひとりが“お互いを認め合い、リスペクトをもって相手と接するにはどうすべきか”を考えるいい機会になったようです」(前出・別のドラマ関係者)

 時代を切り拓いた義時のように、小栗が座長を務める今回の大河ドラマが、旧態依然とした撮影現場を変えるさきがけになる。

※女性セブン2022年1月6・13日号

三谷

三谷が脚本を手掛ける

ナレーションは長澤まさみが

ナレーションは長澤が務める

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト