芸能

田村正和さん、細木数子さん、笑福亭仁鶴さん…天国へ旅立った著名人たちが残した至言

 自分の信じた道をまっすぐに進み、成功してもなお、死ぬまで初心と探究心を忘れなかった人たち──。2021年に惜しくもこの世を去った著名人たちが残した、深くしみる言葉の数々を紹介します。

田村正和さん

田村正和さん

●田村正和さん(俳優、享年77、4月3日没)
「役者は真っ白なキャンバスに役を塗る」
 田村さんは亡くなるまで、その私生活は謎に包まれたままだった。生前、「役者は真っ白なキャンパスに役という色を塗っていく」を信条とし、他人とも交流せず、ふだんは共演者にも食事する姿を見せることはなかった。

細木数子さん

細木数子さん

●細木数子さん(六星占術家、享年83、11月8日没)
「人間は生かされている」
「大殺界」など日本に六星占術ブームを巻き起こし、タレントとして数々のテレビ番組に出演。視聴率の女王となった。人間の本質を問い、「人間は、『生きている』のではなく、『生かされている』」など名言も多数。

笑福亭仁鶴さん(共同通信社)

笑福亭仁鶴さん(共同通信社)

●笑福亭仁鶴さん(落語家、享年84、8月17日没)
「品性を保ち、下劣はするな」
 CM『ボンカレー』の「3分間待つのだぞ」や『バラエティー生活笑百科』(NHK)の「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ〜」でおなじみの上方落語の重鎮。弟子には常に「品性を保ち、下劣はするな」と言い続けた。

中村吉右衛門さん(共同通信社)

中村吉右衛門さん(共同通信社)

●中村吉右衛門さん(歌舞伎俳優、享年77、11月28日没)
「一生修業、毎日初日」
『熊谷陣屋』の熊谷直実などの当たり役を持ち、人気時代劇『鬼平犯科帳』(フジテレビ系)の長谷川平蔵役でも人気を博した。人間国宝に認定されてからも初心を忘れず、「一生修業、毎日初日」を心に留めて、芸を追求した。

柳家小三治さん(共同通信社)

柳家小三治さん(共同通信社)

●柳家小三治さん(落語家、享年81、10月7日没)
「仕事に慣れてはいけない、初めて話すと思え」
 卓越した人間描写で江戸の古典落語を追求し続けた人間国宝。高座に上がるときは「仕事に慣れてはいけない、初めて話すと思え」を戒めにしていた。

川嶋辰彦さん(時事通信フォト)

川嶋辰彦さん(時事通信フォト)

●川嶋辰彦さん(学習院大学名誉教授、享年81、11月4日没)
「オールウェイズスマイル」
 秋篠宮妃紀子さまの父・川嶋さんは、常にユーモアを忘れず、「オールウェイズスマイル(いつでも笑顔を)」をモットーにしていた。自身が始めたタイ北部山岳地帯の村々で住環境改善活動をする『GONGOVA(ゴンゴヴァ』(草の根国際協力研修プログラム)では、高齢になっても現地に足を運んだ。学習院大学馬術部では地域貢献のため、豊島区障害者福祉課との連携事業として『馬とふれあう会』を開催するなど、ボランティア活動も精力的に行っていた。

●神田川俊郎さん(料理人、享年81、4月25日没)
「花に水、人には愛、 料理は心」
 料理店を営む一方、料理研究家としてさまざまな家庭料理のレシピを考案。明るい性格で、「人生くよくよしたらあかん、花に水、人には愛、料理は心」をモットーとしていた。

※女性セブン2022年1月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン