芸能

林家三平『笑点』卒業で振り返る「2021年の名回答10選」

二代目・林家三平が「父の言葉」を振り返る(写真/本人提供)

林家三平は5年半にわたって大喜利メンバーをつとめた(写真/本人提供)

 年末となると恒例なのが振り返り企画。コラムニストの石原壮一郎氏がまとめたのは日曜18時の名回答である。

 * * *
 師走の日本列島に激震が走りました。まさかというか恐れていたことが起きてしまったというか、12月19日の18時前に番組の中で明らかになったその重大ニュースに、テレビの前のファンは息を飲み言葉を失います。

 国民的人気番組『笑点』で、5年7カ月にわたって大喜利メンバーを務めていた林家三平さんが、今年いっぱいで番組を卒業することになりました。挨拶の中で「この5年半、一度も座布団10枚を取ったことがありません」と言っていましたが、たしかに大喜利の中で苦しい戦いを続けていた印象は否めません。ネット上には厳しい声も多くあります。

 しかし、それぞれに強烈な個性を持ったメンバーの中で、三平さんなりの持ち味を生かしつつ、十分に役割を果たしていました。幕の内弁当だって、天ぷらや焼き魚だけでは成り立ちません。玉子焼きか切り干し大根かはわかりませんが、味のバリエーションやメリハリがあるからこそ全体が盛り上がります。

 26日放送の大喜利が最後の出演となる三平さんへの感謝とねぎらいの気持ちを込めて、2021年の『笑点』のレギュラー放送の大喜利を全部見直し、おもに座布団を獲得した回答から、10の「名回答」をピックアップしてみました。「なるほど、三平さんはちゃんと面白い答えを言っていたんだ」と感じていただけたら幸いです。

【2021年『笑点』大喜利における林家三平の名回答10選】(放送日順)

●お題:同じ商売同士の人がケンカしました。どうなりましたか?(1月24日放送)
「蕎麦屋と蕎麦屋がケンカしました。お互い手打ちかと思ったんですが、もうすでにのびていました」

●お題:Adoのヒット曲「うっせぇわ」が流れます。それを受けて笑点流にひと言(3月21日放送)
「弟子に注意したらそう言われました」※座布団はなかったが、たい平さんが絶賛

●お題:職業を名乗って「勉強し直してまいります」と言ってください。「どうして?」と尋ねるのでひと言(4月18日放送)
「トンカツ屋なんですけど、勉強し直してまいります。(どうして?)お客さんがワーッと来ると、すぐあがっちゃうんです。でも暇なときは、いつも油売ってるんですけどね」

●お題:泣いてください。「どうしたの?」と尋ねるのでひと言(4月25日放送)
「うちの息子が将来の夢、語ってくれたんです。(どうしたの?)『将来はパパのような噺家になりたい』って。……苦労するだろうな」※周囲から「かわいそう」の声

●お題:さまざまな職業の人になって、特性手作りバーガー作ったと報告してください。「特徴は?」と尋ねるのでひと言(5月23日放送)
「有名漫才師が特製バーガーを作りました。(特徴は?)霜降りの和牛にブラックマヨネーズをかけてサンドしました」

●お題:さまざまな動物になって「俺は〇〇なんだけど、本気出すよ」と言ってください。「ほんとかよ?」と尋ねるのでひと言(6月13日放送)
「俺さ、サラブレッドなんだけど、本気出すよ。(ほんとかよ?)まわりからよく『ほんとにサラブレッド?』って言われるんだ」

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン