芸能

後藤久美子 子供たちのデビューに水を差す「アレジ爆破騒動」に沈黙

後藤久美子と息子の将来を左右する不穏な事件が…

後藤久美子と子供たちの将来を左右する騒動が…

 女優の後藤久美子(47才)と1996年に事実婚をし、結婚27年目を迎えた元F1ドライバーで資産家のジャン・アレジ(57才)が、とんだ騒動を引き起こした。フランス南東に位置するアビニョン市の郊外で爆発音が響いたのは12月19日(現地時間)の夜10時頃。「パンッッ!」というあまりの爆発音に近隣住民が飛び出すと、その目の前を走り抜けたのは無灯火のBMW。警察が車のナンバーの身元を照会すると、アレジの兄が経営する店名義の車と判明した。

 兄が逮捕されたが、事件の翌日、警察署に出向いたのはアレジ。「自分がその車を使ってやった。兄は関係ない」と告白。兄は釈放され、代わりにアレジが起訴された。

 アレジは、イタリアで購入した爆竹を、妹の元パートナーの事務所に仕掛けたと供述した。今回、BMWの運転をしていたのは長男でレーサーのジュリアーノ(22才)だった。ジュリアーノの所属事務所は「逮捕、裁判等の事実はありません」とコメントしている。

 アレジは「悪い冗談だった」と検事に説明しているが、地元検察はそうとは捉えておらず、今後、裁判で裁かれる予定だという。

最悪のタイミングの最悪な事件

 アレジが“悪い冗談”という供述を貫いたのは、今回の事件が“悪いタイミング”だったからかもしれない。

「長女のエレナ(25才)が日本での芸能活動に本腰を入れるタイミングですからね」

 とは、テレビ局関係者。

「エレナは1月16日から始まるドラマ『DCU』(TBS系)で女優デビューすることが決まっています。大晦日にはその番宣でバラエティーにも出演していました。局側は大きな期待を寄せていたのですが、事件のせいで変な注目のされ方をしてしまい、困惑しています」

 頭が痛いのは長男でレーサーのジュリアーノ(22才)の関係者も同じだろう。

「彼はトヨタのドライバーとして日本最高峰のカーレース、スーパーGTに本格参戦することが発表されたばかりでした。F1と同様のマシンを使うレースにも参戦する予定になっています。日本国内ではなかなかスターが登場しなかったモータースポーツ界にとって、ジュリアーノは話題性も実力も併せ持つ待望の存在。ジュリアーノ自身も、2022年は母親の生まれ育った日本を拠点に活動していくことを公言しています」(スポーツ紙記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン