芸能

石田純一、レギュラー番組“消滅”もスポンサー企業は契約継続へ

スマホを握って電話

スマホを握って電話するノーマスクの石田純一

 タレント・石田純一(67)のレギュラー番組がついにゼロになる──。石田の公式プロフィールには、『石田純一のサンデーゴルフ』(テレビ東京)、『石田純一のシネマに乾杯』(ABCテレビ)、『石田純一のNo Socks J Life』(JFNラジオ)、『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)とレギュラー番組4本が記載されているが、実は前3本はすでに終了している。

 隔週で木曜コメンテーターを務める『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』も3月で番組自体の終了が決定した。同番組の1月6日放送回に出演した石田は、「すごく愛着があるんで、個人的にはちょっと寂しい。ちょっとじゃないな。大変寂しい」と素直に胸の内を明かした。

 このまま新番組が決まらないと、4月以降、石田のタレント生命はいよいよ危ういことになる。

「やはり昨年4月に新型コロナウィルス感染を公表してから、石田さんを見る世間の目が大きく変わったのを感じます。沖縄県知事が来県自粛を呼びかけた直後、石田さんは沖縄県を訪れました。仕事のためだと言いますが、沖縄入りの翌日はゴルフを楽しんでいました。そのときすでに体調の異変を感じていたそうです。しかも沖縄訪問の少し前、3月末にはハワイ渡航し、緊急事態宣言直前の4月5日には茨城県でゴルフに興じただけでなく、夜には会食を楽しみました。

 コロナに感染した後もバーなどに出入りし、ノーマスクで外出する姿を何度もキャッチされています。もし番組でクラスターを発生させられたら……と各局が起用に及び腰になるのは当然でしょう。コロナ禍で石田さんは“愛すべきダメおじさん”から“本当に困ったおじさん”になってしまった」(テレビ局関係者)

 コロナ感染の経緯にゴルフが関わっていることも、ゴルフタレントとしては痛手だったことだろう。しかし、石田にはもうひとつ仕事において重要なジャンルがある。それは“パチンコ”だ。石田はパチンコ店などを運営する「株式式会社ベガスベガス」のイメージキャラクターとして、CM出演やイベント営業なども行っている。現在も同社との契約は続いているのだろうか?

 同社に問い合わせたところ、「今日現在、石田純一さんとのスポンサー契約は続行しています」との回答だった。

「ベガスベガスは以前は清原和博氏を起用していましたが、薬物騒動があり、2015年から石田さんがイメージキャラクターを務めています。2016年には、石田さんが東京都知事選への出馬を表明したことで、出演番組やCMが差し替えになる騒ぎが起きました(後に出馬を断念)。ベガスベガスも難しい判断を迫られたと思いますが、それでも契約を続けているのだから、なんとも太っ腹なスポンサーです。

 同社はパチンコ事業に加えて、ゲームセンター、日焼けサロン、飲食店など幅広く展開し、なんとベトナムにカジノ施設まで持っている大企業です。企業としての地力があるからこそ、石田さんにも寛容に接することできるのかもしれません」(広告業界関係者)

 タレントとして崖っぷちにある石田だが、長年懇意にするスポンサー企業に支えられて復活を遂げることができるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス