ライフ

俳優・升毅が伝授!シンプルでヘルシーな「豚レタスしゃぶしゃぶ」レシピ

からししょうゆで食べるシンプルな鍋「豚レタスしゃぶしゃぶ」

からししょうゆで食べるシンプルな鍋「豚レタスしゃぶしゃぶ」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅。実は自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2ほどで開催する料理好きだ。そんな升が、からししょうゆで食べるシンプルな『豚レタスしゃぶしゃぶ』のレシピを紹介する。

「レタス1玉をペロリと食べられるヘルシーな鍋です。からししょうゆのタレは、葉野菜たっぷりの「草鍋」が名物の、大阪・九条にあった店で知りました。

 鍋にからしを使うのは珍しいと思いますが、豚肉と野菜の味をキリッと引き立ててくれます。レタスは火を通すとかさが減るので、大きめにちぎるのがオススメ。 お好みで豆腐やえのきだけなどを加えてください」

からししょうゆで食べるシンプルな豚レタスしゃぶしゃぶ

■材料(2人分)

レタス…1玉、長ねぎ(薬味)…1本、にんにく…2かけ、
豚薄切り肉…200g、水…500ml、しょうゆ…適宜、練りからし…適宜

■作り方
【1】レタスは芯をとり、手で4等分に割る。長ねぎは縦半分に切って小口切りにする。

レタスは芯をとり、手で4等分に割る

レタスは芯をとり、手で4等分に割る

【2】厚めにスライスしたにんにくを土鍋に入れて水を加え、中火にかける。
【3】煮たったら豚薄切り肉、レタスを入れてさっと茹でる。
【4】取り皿にしょうゆを入れお好みで鍋のだしを加え、からしを溶いてタレにする。薬味のねぎを加えて食す。

豚肉の甘さをレタスが引き立て、最後にはピリッと辛いしょうゆの香りが鼻から抜ける

豚肉の甘さをレタスが引き立て、最後にはピリッと辛いしょうゆの香りが鼻から抜ける

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年1月14・21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン