ライフ

俳優・升毅が伝授!シンプルでヘルシーな「豚レタスしゃぶしゃぶ」レシピ

からししょうゆで食べるシンプルな鍋「豚レタスしゃぶしゃぶ」

からししょうゆで食べるシンプルな鍋「豚レタスしゃぶしゃぶ」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅。実は自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2ほどで開催する料理好きだ。そんな升が、からししょうゆで食べるシンプルな『豚レタスしゃぶしゃぶ』のレシピを紹介する。

「レタス1玉をペロリと食べられるヘルシーな鍋です。からししょうゆのタレは、葉野菜たっぷりの「草鍋」が名物の、大阪・九条にあった店で知りました。

 鍋にからしを使うのは珍しいと思いますが、豚肉と野菜の味をキリッと引き立ててくれます。レタスは火を通すとかさが減るので、大きめにちぎるのがオススメ。 お好みで豆腐やえのきだけなどを加えてください」

からししょうゆで食べるシンプルな豚レタスしゃぶしゃぶ

■材料(2人分)

レタス…1玉、長ねぎ(薬味)…1本、にんにく…2かけ、
豚薄切り肉…200g、水…500ml、しょうゆ…適宜、練りからし…適宜

■作り方
【1】レタスは芯をとり、手で4等分に割る。長ねぎは縦半分に切って小口切りにする。

レタスは芯をとり、手で4等分に割る

レタスは芯をとり、手で4等分に割る

【2】厚めにスライスしたにんにくを土鍋に入れて水を加え、中火にかける。
【3】煮たったら豚薄切り肉、レタスを入れてさっと茹でる。
【4】取り皿にしょうゆを入れお好みで鍋のだしを加え、からしを溶いてタレにする。薬味のねぎを加えて食す。

豚肉の甘さをレタスが引き立て、最後にはピリッと辛いしょうゆの香りが鼻から抜ける

豚肉の甘さをレタスが引き立て、最後にはピリッと辛いしょうゆの香りが鼻から抜ける

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年1月14・21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン