芸能

ステージIVのママの闘病記を読んだ眞鍋かをり「しあわせの基準は人それぞれ」

眞鍋かをり

遠藤和さんの闘病中の日記を読んで、「『しあわせ』とは何なのか考えさせられた」と話す眞鍋かをりさん

 21才で大腸がんステージIVの宣告を受け、22才で結婚、23才で娘を出産。2021年9月、闘病の末に24才で亡くなった遠藤和(のどか)さんが1才の娘のために綴った闘病中の日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』が話題を呼んでいる。タレントの眞鍋かをりさんは「『しあわせ』とは何なのか考えさせられた」と話す。

 * * *
 読後は、不思議な感覚に包まれました。読む前は「重くて感動的な闘病記」を想像していたのですが、そうではなかった。

 なんでだろう……。和さんの人柄が、逆境にあっても、驚くほどに明るくて前向きであること。そして、日記形式で、闘病が等身大で淡々と書かれていることが、本の読後感に強く影響しているように感じています。
 
「しあわせの基準は人それぞれ」という、当たり前だけれど、実は私も含めて多くの人が普段の生活のなかで忘れがちなことを、和さんは教えてくれました。和さんは、ステージIVの大腸がんとわかってもなお、「出産して母になる」という決断をしました。そのことについて、いろいろな意見をもつ人がいたようです。子供を産むことは、体に負担をかけないわけはありませんし、闘病に影響があるかもしれません。また、和さんが亡くなったら、娘さんは母親のいない子になり、お父さんはシングルで子供を育てることになります。

 考えるだけでも、くじけそうになるぐらい大変なことです。彼女と同じ立場だったら、私は産まないかもしれません。でも、和さんの思いや決断を読ませてもらい、それが「当たり前の感覚」ではないことが胸にささりました。人はそれぞれおかれた状況も違えば、しあわせの基準も違う。私のものさしで和さんとご家族のしあわせを測ってはいけないと感じました。彼女たちにとっては、それがしあわせだったのであり、そう信じたからこそ、奇跡のような出産が起こりえたし、家族3人の日々も実現できたのです。

「子供がかわいそう」と言う人もいるようです。私もひとりの親として、そういう考えを理解できる部分もあります。だけど、少なくともいま、和さんを失ってものすごくつらいなかで、娘さんの存在は、遺された家族にとってもしあわせの源になっているのではないでしょうか。最近、よく「炎上」という言葉が話題に上がりがちです。批判的な意見をSNSやコメント欄に書き込む人が増えたからだと思うのですが、そういう人たちは”自分のものさし”が正しいのだと、微塵も疑うことなく否定や批判をしてしまっていないでしょうか。私たちにはそれぞれ、他人には推し量ることのできない事情や、その人にしかわからないしあわせの基準があります。和さんは命をかけて、「自分のしあわせ」と「遺される人たちのしあわせ」を、全力で信じたのだと思います。

 私も和さんと同じく、娘をもつ母親です。母親になる前は「あの時こうしていれば良かった、ああしておけばよかった」と後悔することも多かったのですが、娘が産まれて、自分の生き方を全肯定できるようになりました。あの時、ひとつでも別の選択をしていたらこの子は産まれていなかったかもしれない、そう考えたら、人生の選択はすべて正解だったと思えたんです。そのくらい子供という存在は大きい。和さんもきっと、娘さんを授かって、自分の選択は正しかったんだと確信できたんじゃないかな。

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン