ライフ

【書評】『吾妻鏡』にゆがめられた「身勝手な将軍・源頼家像」に迫る

『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』著・坂井孝一

『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』著・坂井孝一

【書評】『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』/坂井孝一・著/PHP新書/1122円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 NHKが今年放送する大河ドラマは、『鎌倉殿の13人』である。鎌倉幕府の草創期が舞台となる。ここに言う十三人は、二代将軍源頼家のささえとなった御家人、宿老たちをさす。

 頼家には、わがままなところがあった。彼の暴走をおさえたい。そんな思惑から、初代源頼朝の総領息子は実権のない将軍としてまつりあげられた。政治の運営は、十三人の合議制ですすめられるようになっていく。これまでは、『吾妻鏡』の記録にしたがい、以上のような歴史が語られてきた。

 しかし、十三人がじっさいにあつまったことは、一度もない。彼らの合議制はフィクションである。そうこの本で喝破する著者が、今年は大河ドラマの時代考証をになう当事者になっている。十三人の合議は嘘だという研究者が、『鎌倉殿の13人』をささえることになる。いったい、大河はどうころがっていくのか。その成り行きが、たのしみでなくもない。

『吾妻鏡』は、鎌倉幕府の公的と言ってよい歴史の記録である。しかし、その内容は執権の北条氏をことほぐ都合で、けっこうゆがめられた。身勝手な将軍頼家像も、同じ事情により誇張されている。三代将軍源実朝の暗君ぶりも信じるにあたいしないと、著者は言う。さらに、叙述のそこかしこで、京都側の記録である『明月記』や『愚管抄』を活用した。

 そういう作業をへて、鎌倉前期の歴史は、新しい相貌とともに浮上する。とりわけ、私は和田合戦の斬新な読み解きに、強い感銘をうけた。合戦でもめあった御家人たちの居館を地図でしめされ、多くのことが腑におちている。京都側の『明月記』がはらむ情報の混乱も、見事に解きほぐされたと思う。史料としての命が、ふきこまれたようにもうけとめた。

 この時代に関する私の見取図は、おおむね永井路子の歴史小説でできている。それでつちかわれた思いこみは、ずいぶん修正された。しかし、同時に彼女の史眼がたいそうすぐれていたことも、再認識させられたしだいである。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン