ライフ

【書評】『吾妻鏡』にゆがめられた「身勝手な将軍・源頼家像」に迫る

『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』著・坂井孝一

『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』著・坂井孝一

【書評】『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』/坂井孝一・著/PHP新書/1122円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 NHKが今年放送する大河ドラマは、『鎌倉殿の13人』である。鎌倉幕府の草創期が舞台となる。ここに言う十三人は、二代将軍源頼家のささえとなった御家人、宿老たちをさす。

 頼家には、わがままなところがあった。彼の暴走をおさえたい。そんな思惑から、初代源頼朝の総領息子は実権のない将軍としてまつりあげられた。政治の運営は、十三人の合議制ですすめられるようになっていく。これまでは、『吾妻鏡』の記録にしたがい、以上のような歴史が語られてきた。

 しかし、十三人がじっさいにあつまったことは、一度もない。彼らの合議制はフィクションである。そうこの本で喝破する著者が、今年は大河ドラマの時代考証をになう当事者になっている。十三人の合議は嘘だという研究者が、『鎌倉殿の13人』をささえることになる。いったい、大河はどうころがっていくのか。その成り行きが、たのしみでなくもない。

『吾妻鏡』は、鎌倉幕府の公的と言ってよい歴史の記録である。しかし、その内容は執権の北条氏をことほぐ都合で、けっこうゆがめられた。身勝手な将軍頼家像も、同じ事情により誇張されている。三代将軍源実朝の暗君ぶりも信じるにあたいしないと、著者は言う。さらに、叙述のそこかしこで、京都側の記録である『明月記』や『愚管抄』を活用した。

 そういう作業をへて、鎌倉前期の歴史は、新しい相貌とともに浮上する。とりわけ、私は和田合戦の斬新な読み解きに、強い感銘をうけた。合戦でもめあった御家人たちの居館を地図でしめされ、多くのことが腑におちている。京都側の『明月記』がはらむ情報の混乱も、見事に解きほぐされたと思う。史料としての命が、ふきこまれたようにもうけとめた。

 この時代に関する私の見取図は、おおむね永井路子の歴史小説でできている。それでつちかわれた思いこみは、ずいぶん修正された。しかし、同時に彼女の史眼がたいそうすぐれていたことも、再認識させられたしだいである。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
プロフィールには「笑亀マン」の文言が(本人のFacebookページより)
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト