芸能

『鎌倉殿の13人』小池栄子の代表作へ 江口のりことのバトルにも期待

小池栄子が原因か

『鎌倉殿の13人』で存在感を発揮している小池栄子

 小栗旬(39才)が北条義時役で主演を務めるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。三谷幸喜ワールド全開の脚本でも注目を集めている。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが注目するのは、義時の姉・政子を演じる小池栄子(41才)だ。ペリーさんが小池の演技と今後の見どころについて解説する。

 * * *
「三谷幸喜が贈る予想不能エンターテインメント!」ということで、さっそく面白シーンも満載の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。

 主人公の北条義時(小栗旬)は、美人の新妻(宮沢りえ)にデレデレの父上・時政(坂東彌十郎)や何かというと「兵を挙げる!!」と鼻息の荒い兄・宗時(片岡愛之助)、匿ってもらってるのにわがままばかりいう佐殿こと源頼朝(大泉洋)に振り回される。

 大河ドラマ史上、もっとも腰が引けてる主役。そんな中、女性陣で目立っているのが、義時の姉・政子(小池栄子)である。頼朝を一目見て、その雅な雰囲気にすっかり夢中になった政子は、急接近。妙にしなをつくって、ラブ光線を発射する。

 二話では、頼朝に「鯵でございます」と食事を運び、小骨が嫌いだという頼朝に「小骨は抜いておきました」とさらに距離を詰めていく。化粧に目覚めた彼女の顔は、眉毛を黒々と描いて、紅もバッチリ。「やっと現れたのよ、私が一生をささげたいと思う殿方が!!」と目を輝かせる。これがミュージカルだったら、一曲歌いだしそうなくらいだが、相手役がどこかとぼけた調子の大泉頼朝だけに、コントみたいでもある。

「私なりに佐殿をお支えしとうございます」と宣言した政子は、意を決して頼朝の前妻・八重(新垣結衣)に会いに行く。女のバトル一回戦。それだけでもすごい行動力だが、政子の実力はこんなもんじゃない。

 やがて頼朝と結婚した政子は、女好きの頼朝の行動にも目を光らせる。よく語られる逸話では、「亀の前事件」が有名だ。政子は頼朝に亀という愛妾がいることに激怒。その屋敷を破壊させてというのである。怒鳴りこむとか別れさせるというのではなく、破壊。なかなかにすさまじい。

だが、このドラマの亀を演じるのは、江口のりこ。政子にやられっぱなしの亀とも思えない。この女のバトル二回戦が、どう描かれるかも期待できる。

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン