スポーツ

体重17キロ増の巨人・中田翔 「腰痛トラブル再来」を心配する声

中田翔がトレーニングを開始

中田翔がトレーニングによって17キロ増

 今季を背水の陣で迎える巨人・中田翔(32)が体重を17キロも増やしたことに、取材する記者からは賛否両論が巻き起こっている。沖縄・石垣島で行なっている自主トレでは、昨年より一回り大きくなった体でトレーニングの様子を披露した。昨オフからウエートトレーニングで自身を徹底的に追い込み、体重は92キロから109キロと一気に増えた。
 
 スポーツ紙記者は中田の肉体の変化に「今季への強い決意」を感じるという。

「昨季は腰痛を抱えて中田の持ち味である力強さが影を潜めていた。繊細な性格なので周囲の声も聞こえて野球に集中しきれない部分もあったと思います。体も細くなった感じがしてスイングに力が感じられなかった。ウエートトレーニングでは内転筋やハムストリングスなど下半身を意識して鍛えたと聞いています。肉体改造した体で引退危機から救ってくれた巨人、とくに原辰徳監督に恩返ししたい思いは強いでしょう」

 昨季は野球人生の岐路に立たされたシーズンだった。2020年に打点王を獲得し、日本ハムで引き続き「不動の4番」として期待されながら、打撃不振や故障によりファーム降格を経験。後半戦での巻き返しを誓ったが、8月11日にチームメートへの暴力事件で無期限の出場停止処分を受けた。しかし、急転直下で9日後の同月20日に巨人に電撃トレード。批判の声が殺到する中で即1軍で起用されたが、移籍後は出場34試合で打率.154、3本塁打、7打点と低調なパフォーマンスで一塁のスタメン確保もままならなかった。クライマックスステージでも代打で2試合しか出場機会を得られなかった。

 信頼回復に向けての「肉体改造」だが、別のスポーツ紙のデスクはこの取り組みに懐疑的な見方を示す。

「中田は野球センスの塊です。高校時代のケガがなければ投手としてプロで活躍できる可能性があったほどで、体は大きいが身のこなしが素早い。一塁の守備もグラブさばきは球界屈指です。打撃も上半身の力ではなく、下半身の粘りでスタンドに運ぶタイプです。ウエートトレーニングをしすぎることで長所であるしなやかさが失われるのが心配です。体脂肪が少なければ良いという問題ではない。体重が増えることで膝、腰には負担が当然かかるから、また去年のようなことにならないか心配です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン