芸能

和久田アナと有働アナ NHK新旧エース「司会力」「アナウンス力」の差

歴代最高のNHKアナとも評された有働由美子アナ(時事通信フォト)

歴代最高のNHKアナとも評された有働由美子アナ(時事通信フォト)

 昨年大晦日のNHK『紅白歌合戦』で、安定感のある司会進行を務めた和久田麻由子アナ(33)の人気がうなぎのぼりだ。NHK局内からは「歴代最高のNHKアナとされる有働由美子アナ(52)を超える存在ではないか」との呼び声も聞こえてくるという。NHKの新旧エースを比較した。

 和久田アナの先を行く先輩・有働由美子アナは「NHKの顔」として、『おはよう日本』や『あさイチ』などで活躍した。

 特に『あさイチ』では、視聴者から脇汗が見苦しいとの苦情を受けていることを番組内で明かし「これから気をつけます」と発言。セックスレス特集では「嫁入り前ですが、あえて取り上げさせていただきます」と言ってのけるなど、飾らない姿が人気を集めた。

 同番組で共演した元NHK解説委員の柳澤秀夫氏は、「有働さんはプロ根性の塊」と語る。

「2011年に闘病を続ける最愛の母親が夜中に亡くなったことを我々には隠して当日の朝の『あさイチ』に出演し、番組終了直後に周囲に悟られないよう、そっと故郷の大阪に飛んで帰ったことがありました。お通夜ではボロボロ泣いていたのに、生放送では悲しみをおくびにも出さなかった姿に感銘を受けました」

 人の心を掴む能力にも長けている。『サンデースポーツ』を担当していた時代に、遠慮なく直球の質問をぶつける姿勢が故・星野仙一氏に気に入られ、「いつの間にか酒を酌み交わす仲になっていたのは局内でも有名な話」(NHK局員)。

 柳澤氏が語る。

「『あさイチ』に有働さんに対する苦情の手紙が届いた時は、彼女は送り主に自ら電話をかけ、『NHKの有働と申します。この度はご指摘ありがとうございます』と書かれていた内容について直接尋ねていました。

 しかも、電話の相手と和気藹々になっていくのが端から見ていても分かりました。誰でも自分の世界に取り込む能力は、有働さんならではです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト