国内

東大前刺傷事件の逮捕少年 教頭は「普通に生活して勉強する平均的な生徒」

現場

犯行現場の東大農正門前(写真/アフロ)

「総理大臣から犯罪者まで、ですね」。Aと同じ学校に通う生徒が語る。大物政治家の母校であり、優秀な人材を数多く輩出した超エリート校から、世間を騒がす犯罪者が出てしまった。自らを勉強漬けに追い込んだAは、なぜペンの代わりにナイフを握ったのか。

「おれは偏差値73のX高校だぞ!!!」

 大学入学共通テストの初日の1月15日、叫び声をあげてから間もなくの午前8時半、Aは試験会場だった東京大学付近で3人を立て続けに包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕された。Aは17才の高校2年生。警察の調べに対し、「目指している医者になるため東大に入りたかったが、成績が1年前から落ちてきて悩んでおり、自信をなくした」「医者になれないのなら人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えた」などと語っているというが、Aの周辺環境はどのようなものだったのだろうか。

“外来生”のA

《私は三年間の中学校生活で、行事や部活動、その他色々なことを経験しましたが、やはり「勉強」というものが一番長く経験したものでもあり、自分をときに苦めたものであり、助けてくれたものでもありました》(原文ママ)

 将来の夢、修学旅行、部活動、頭に去来するさまざまなものを差し置いて、Aが中学校の卒業文集のタイトルに持ってきたのは「勉強」の2文字だった。

 Aは学ぶことそのものの楽しさではなく、他者との比較を常に勉強の重要なことと位置づけた。《順位というものが自分に大きな影響を与えました》という文集の一言から、その思考が垣間見える。《上位に上ぼりつめるにつれ、大きなレベルの差を実感させられました》(原文ママ)と語りながら、そこで心を折らずにライバル意識を強く持って勉学に励む気持ちを大事にしていたという。

 自らの学力の高さを誇示するように、偏差値とともにAが犯行現場で叫んだ「X高校」は、勉強に競争原理を求めすぎたAにとってどのような場所だったのであろうか。

「国公立大の医学部を目指している人でX高校を知らない人はいませんよ。なんせ10年以上連続で合格者数全国1位の高校ですからね。Aが志望している東京大学の医学部、いわゆる東大理IIIにも昨年現役合格者が出ています。彼の地元の高校でもあるので、東大医学部志望でX高校に進学するのは自然の流れだったのでしょう」(教育ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
ダンディーな色気が増す中井貴一
中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン