芸能

高田文夫氏、笑点新メンバー・桂宮治に期待「笑点の寿命を10年延ばして」

笑点の新メンバー、桂宮治に寄せる高田氏の期待

笑点の新メンバー、桂宮治に寄せる高田氏の期待

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。笑点の大喜利新メンバー、桂宮治に寄せる期待を高田氏がつづる。

 * * *
 好きな小沢昭一の句に、

“元日を 稼ぐ因果の 芸渡世”(変哲)

 因果な商売なのである。こんな言葉もみつけた。「芸人も作家も女郎と同ンなじ。人に好かれてなんぼの商売」。まったくだ。暮れから正月、沢山の人に好かれた人達の不祝儀と祝儀。

「ヘーヘー ホーホー」、気の無いあいづちで爆笑をとっていた昭和のいる・こいるの「こいる師匠」の訃報が大みそか。2000年前後、私は芸界では“高田再生工場”と呼ばれ次々とベテラン芸人を復活させていった。フジテレビ元日名物、長時間演芸番組『爆笑ヒットパレード』のフレッシュコーナーの中に、何の説明もなくポーンとのいるこいるの漫才を入れてみた。勢いだらけの若手、爆笑問題、Take2、海砂利水魚(くりぃむしちゅー)の中で「しょうがないしょうがない。ああ人間死んじゃったらおしまいだネ。オレなんか健康だったら死んでもいいんだから、ヘーヘー ホーホー」

 客も芸人達も最初はびっくりして、すぐに超が三ツも付く爆笑となった。

 あの玉置浩二さんがのいこいの大ファンで一緒にCDも作った。『そんなもんだよ しょうがない』。作詞・高田文夫、作曲・玉置浩二である。名曲。今でも東京の若手芸人はカラオケで歌っている。もうひとつの「浅草キッド」である。

 三平に代わる『笑点』の新メンバーは誰か。私なぞラジオで「こういう時代だからいよいよ女性を登用するんじゃないか。小朝の弟子のぴっかり☆なんて明るいし華があるし、もうすぐ真打だし…」。これで業界大騒ぎ。他に木久蔵、昇也、わさび、小痴楽と諸説。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン