スポーツ

マンハッタンカフェ、アパパネ…蛯名正義氏が名馬に学んだ個性の活かし方

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、マンハッタンカフェ、アパパネ、マツリダゴッホなど名馬に教えられた「個性」の活かし方についてお届けする。

 * * *
 小島太厩舎のマンハッタンカフェではGIを3回も勝たせてもらいました。3000mの菊花賞、2500mの有馬記念、3200mの天皇賞(春)ということで、ステイヤーかと思われるかもしれませんが、2000mでもいい成績を残すことができたと思います。ただ、3歳春は輸送するとすぐに体重が減ってしまう馬だった。弥生賞がマイナス20キロで4着。その次阪神に行ったらマイナス16キロ。このときは11着でした。

 それで春を全部休んで北海道に放牧に出し、その後札幌に滞在して競馬を使った。4か月ぶりに札幌で走った時はプラス46キロ(笑)。でも、全然太い感じはしませんでした。2連勝して秋を迎え、折り合いに心配がないということで、じゃあ菊花賞へ行きましょう、と。輸送さえ克服していれば、春のクラシックもいいところまでいっていたと思います。それでも、小島太先生は秋には絶対よくなるからとおっしゃって休ませました。

 アパパネに初めて乗ったのは2歳7月の福島。このときは3着で、もうちょっと全体的にパワーアップしてほしいですねと話しました。厩舎の方でも一息入れたらいいんじゃないかと思っていたようで、夏は放牧に出されました。

 10月に戻ってきて東京に出てきたときは、もう別馬でした。三冠とれるぞ、とまではいかなかったけれど、未勝利戦で強い勝ち方をして、次の500万(1勝クラス)では、もっと強くなっていて。もしかしたらこの馬相当強いなと思うようになった。阪神ジュベナイルフィリーズを勝った時は、もう順調に行ったら桜花賞勝てるな、と。

 僕はアパパネのお母さんのソルティビッドにも乗っていたんです。アメリカ産馬ですごくスピードがあったからアパパネも短距離馬かなと思っていたんですけれど、穏やかな馬だったので長めの距離でデビューしたのがよかった。

 三冠を獲って、ヴィクトリアマイルも勝っているけれど、トライアルや前哨戦では負けています。それは、目一杯仕上げてレースに出ると全力で走り切ってしまうから。国枝栄厩舎では本番がピークになるように仕上げていったんです。

 国枝厩舎といえばマツリダゴッホで有馬記念を勝たせてもらいました。本当に賢い馬で、こちらが見透かされている感じすらありました。中山競馬場が大好きで、勝手に加速していきます(笑)。オールカマーを3連覇しているように、国枝先生も中山に合わせて使っていました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト