芸能

カルーセル麻紀 脳梗塞を経験して知った「かりつけの医師の大切さ」

救急搬送された日のことを回想するカルーセル麻紀

救急搬送された日のことを回想するカルーセル麻紀

 誰にだって、急に災いが降り掛かってくる可能性がある。もしも、急に病気にかかったらどうすればいいのか──。カルーセル麻紀(79才)が脳梗塞を発症したのは一昨年の4月のことだ。

「自分では自覚がなくて。実はその前の晩にテキーラを飲んで寝ようとしたら、口の端からこぼれてうまく飲めなかったことがあったんだけど……。いまにして思えば、あのときから脳の血管に血栓が詰まっていたのよね」

 そう当時を振り返り、カルーセルはたばこに手を伸ばす。

「でも、運がよかった。生かされたなって気がするの。いろいろな偶然が重なって命拾いしたんですよ」(カルーセル・以下同)

 病院へ救急搬送された日の朝はいつも通りに起きて、庭の手入れをしたという。部屋に入った途端に電話が鳴り、それは友人からだった。

「私から何度も連絡していたのに、折り返してこないから心配していたんです。コロナに感染して隔離されていたりしなきゃいいけどって。

 そうしたら予感的中。持病が重篤化して集中治療室にいたらしいんです。彼が『ほんとに死ぬかと思った!』って泣き叫ぶ声を聞いて、私はなんだか知らないけど急に怖くなったのよね」

 もし、その友人からの電話がなかったら、運命は違う方向へ向かっていただろう、と回顧する。

「それで、なんだかじっとしていられなくて、北海道で暮らす妹の家に電話したの。そうしたら妹が『話し方が変よ。ろれつがまわってない』って、私の異変に気づいたのね。

 それで、たまたま妹の家にいた看護師をしている姪っ子と電話を替わってくれて、私が『そういえば、さっきからコーヒーがうまく飲めないのよ。口の中を噛んじゃうし。いまもティッシュで押さえながら……』って言ったら、話を遮るように姪が、『脳梗塞だと思うから、すぐに救急車を呼んで!』って言ってくれたんです」

 ところが、そのときは「救急車だなんて大袈裟だ」と一笑にふし、「明日、病院へ行くから大丈夫」と答えて電話を切ってしまう。

「でも、本当は考えがまとまらなかったんですよ。救急車ってどうやって呼ぶんだっけ?みたいな感じで。怖いわよね。頭がモヤモヤして優先順位がわからなくなってしまうなんて。挙げ句に面倒くさいから放置しておこうって判断しちゃうなんて。

 だから、救急車の呼び方と、搬送してもらいたい病院の名前なんかを紙に書いて電話のそばに貼りつけておくことをおすすめします。ひとり暮らしをしているシルバー世代のかたは特に」

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン