スポーツ

五輪3連覇を狙う羽生結弦を悩ませる「ワクチン問題」「膨大な待ち時間」

全員選手権(12月26日)で五輪出場を決めた羽生(写真/共同通信社)

全員選手権(2021年12月26日)で五輪出場を決めた羽生(写真/共同通信社)

 2月4日の開幕を前に、北京冬季五輪の準備が着々と進んでいる。フィギュアスケートの会場となる中国・北京市の首都体育館では、リンクの製氷作業が最終段階に入った。リンク中央、氷の下に五輪のオリンピックシンボルがクリアに透けて見えるが、3連覇を狙う羽生結弦(27才)の視界は決して良好とはいえない。

 昨年12月、羽生は右足のケガから復帰し、今季初戦となる全日本選手権に出場。4回転半ジャンプに公式戦で初めて挑戦し、両足着氷でダウングレードにはなったものの転倒することはなかった。復帰戦とは思えぬ演技で優勝し、五輪への出場権を獲得した。だが、その代償は小さくなかった。

「4回転半は羽生選手が痛めている右足首への負担が非常に大きいジャンプなので、彼の右足は悲鳴をあげています。日本スケート連盟の公式ツイッターで、羽生選手は“正月返上で4回転半の習得に励む”としていましたが、正月はリンクに立たず静養に努めていたようです。五輪までに回復するのか、心配する声も上がっています」(フィギュアスケート関係者)

 不安は古傷ばかりではない。北京五輪はコロナ禍のもとでの開催になる。これまで中国は「ゼロ・コロナ」を掲げ、徹底した隔離政策でコロナの封じ込めに力を入れてきた。だが、感染力の強いオミクロン株が世界的に猛威を振るい始めると、中国の状況も一変する。昨年12月末以降、複数の都市で市中感染が確認され、ロックダウンが始まっている。1月8日には、北京市に隣接する天津市でも市中感染が明らかになった。

「15日にはとうとう北京市内でもオミクロン株の感染者が見つかりました。17日には、中国本土在住者に限って販売予定だった観戦チケットを、一般販売せず、一部の招待客に限定することを発表。学校などの団体客のみに販売することが考えられています」(中国在住ジャーナリスト)

 羽生ら選手たちは、競技に集中しながら、感染対策にも気を配らなければならない。懸念材料はそれだけではない。ワクチン接種に伴う、負担の大きさだ。

「北京五輪の規則集である『プレーブック』には、選手は北京入りする14日前までにワクチンの接種を完了しておくことが必要、との記載があります。未接種者は北京到着後に、21日間もの集中的隔離が義務づけられています。もちろんその間、練習はできません。

 ワクチンの義務化はアスリートによってはセンシティブな問題。副反応だけでなく、持病のある選手にとっては接種そのものへの不安も大きい。医学的な理由により接種の免除を申請できますが、必ず通るかはわかりません。選手はナイーブにならざるを得ないのです」(スポーツジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト