スポーツ

五輪3連覇狙う羽生結弦、孤高の戦いへ オーサーコーチは北京に帯同せず

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

 前人未到の大技に、彼はたったひとりで挑むつもりなのかもしれない。1月20日、日本オリンピック委員会が北京五輪に派遣する選手団リストを発表した。フィギュアスケートでは選手10名に対し、コーチやトレーナーなど13名が同行(1月25日現在)。宇野昌磨(24才)を指導するステファン・ランビエールコーチや、鍵山優真(18才)の指導を行う父親の鍵山正和コーチらの名前も並んでいる。

 しかし、羽生結弦(27才)が所属するカナダの「クリケットクラブ」のブライアン・オーサーコーチやジスラン・ブリアンコーチの名前が記載されていないのだ。羽生のファンの間では94年ぶりの3連覇という偉業がかかった大舞台に、コーチ不在で挑むことへの不安の声が広がっている。

 前人未到の4回転半へのこだわりを見せる羽生だが、彼ほどのレベルになると、コーチの不在も影響がないのだろうか。元フィギュアスケーターの渡部絵美さんはこう語る。

「フィギュア選手にとってコーチの存在は結果を大きく左右するほど重要です。トップ選手ともなれば、技術面ではある程度客観的に自分の状態を判断することができる。しかし、メンタル面ではコーチの支えが必要不可欠です。特に4年に1回の五輪は、プレッシャーの大きさがほかの大会とはまったく違います」

 それでも羽生ならやり遂げてしまいそうだが、フィギュアスケート関係者はこう話す。

「平昌五輪の際は、最初に発表されていたリストにコーチの名前はなく、羽生選手の整体師の名前だけが記されていたのですが、その後、追加発表があり、ジスランコーチの帯同が決定。さらに韓国選手団に加わっていたオーサーコーチも現地で羽生選手の演技を見守った結果、金メダルを獲得しました。今回も最終的に現地でコーチと合流する可能性もゼロではないと思います」

 ただ、状況は4年前と大きく違う。

「すでにバブル内でも新型コロナの感染者が相次いでいます。感染対策のために他国の選手団との接触を避けることで、自国のコーチとして帯同するのとは違い、必要なときに充分なサポートが受けられない可能性もあるでしょう」(五輪の運営関係者)

 ライバルたちも悲願の金へ準備を重ねている。世界選手権を3連覇しているアメリカのネイサン・チェン(22才)は、1月初旬の全米選手権のショートプログラムで歴代大会最高得点の115.39点を叩き出して優勝。全日本選手権2位の宇野も、4種類5本の4回転ジャンプを組み込んだ高難度のプログラムで挑むという。

「ジャンプ一本の完成度が勝敗を分ける、誰が勝つかわからない状況です。羽生選手が4回転半にこだわり続けてきたのは、北京五輪が最高レベルでの技の競い合いになることを予測していたからかもしれません」(前出・フィギュアスケート関係者)

 世界中が彼の孤高の戦いに注目している。

※女性セブン2022年2月10日号

キス・アンド・クライでは抱き合って喜ぶことも。左はオーサーコーチ(写真/GettyImages)

キス・アンド・クライでは抱き合って喜ぶことも。左はオーサーコーチ(写真/GettyImages)

世界選手権3連覇中のネイサン(時事通信フォト)

世界選手権3連覇中のネイサン(時事通信フォト)

2018年平昌五輪銀メダルの宇野も金メダルを狙う(写真/アフロ)

2018年平昌五輪銀メダルの宇野も金メダルを狙う(写真/アフロ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン