スポーツ

ついに引退 51歳力士・華吹が語っていた「ちゃんこ番へのこだわり」

チャンコ長として部屋を長く支えた華吹

チャンコ長として部屋を長く支えた華吹

 51歳で現役最年長力士だった華吹(序二段、立浪部屋)が初場所を最後に引退した。師匠の立浪親方(元小結・旭豊)によれば「3月に断髪式を予定している」という。部屋の師匠よりも“先輩”であるという異色の力士は、どんな思いで現役を続けてきたのか――。

 華吹の初土俵は昭和61年3月場所。現理事長の八角親方が保志(のちに北勝海)として初優勝した場所だった。同期が前理事の山響親方(元前頭・厳雄)で、師匠の立浪親方の初土俵は1年後の昭和62年3月場所である。

 現役生活35年間で積み上げてきた勝ち星は683。通算1187勝の白鵬が引退したことで、現役力士では玉鷲の714勝に次ぐ2位の数字だった。短命横綱の大乃国(現・芝田山親方)の560を大きく上回り、朝青龍の669さえ凌ぐ数字である。負け数の788は玉鷲の692に大差をつけて1位だった。

 華吹の最高位は三段目で、1場所に7番までしか取ったことがない。つまり1年で取れる相撲は最大42番となり、勝率5割で年間21勝。それで683勝を積み重ねたのだから、35年間ほとんど休まずに土俵に上がり続けたわけである(休場はわずか13)。

 本誌・週刊ポストでは先代の立浪部屋時代から30年以上、ちゃんこ長として立浪部屋の力士たちの健康管理をしてきた華吹を何度も取材している。ちゃんこの仕度の合間に、長い現役生活についてこんな話をしたことがある。

「稽古の時間ですか? ちゃんこの仕込みがあって、十分にないですね。稽古が不足した分は午後からジムに通って鍛えています」と話したうえで、こう付け加えた。

「正直な話、自分の相撲より献立が気になって(苦笑)。毎日のちゃんこの具材はその日の差し入れや冷蔵庫の中を見て決めます。余った食材はすべて使うが、何を足せばどんな料理が作れるかを考える。若い力士には白飯をたっぷり食べてもらうために鍋の味付けを濃くし、付け合わせにも工夫します。食欲が落ちる夏場には大根おろしを使って喉の通りをよくし、ニンニクやニラを使ってスタミナ面も注意している」

 手間とお金を掛けずに栄養満点。これが力士飯だと話していた。そんな華吹の長い現役生活の中でハイライトは2003年(平成15年)9月場所だった。

「西三段目74枚目で初日から6連勝。7連勝なら幕下昇進、優勝決定戦に勝てば三段目優勝だったが、最後の一番で負けてしまった。現役で最もプレッシャーのかかった一番だった(苦笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、最強ライバル引退でも「4Aに向かって一生懸命努力」と不屈の精神
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
観客上限は撤廃されたものの発声は禁止されている(巨人・原辰徳監督。時事通信フォト)
巨人が関係者に配ったレプリカユニフォームが「1年前のもの」 球団が抱えるコロナ禍の負債
NEWSポストセブン