スポーツ

開会式の旗手を丁重に断る 羽生結弦「五輪で勝ちたい」という強い思い

キス・アンド・クライでは抱き合って喜ぶことも。左はオーサーコーチ(写真/GettyImages)

キス・アンド・クライでは抱き合って喜ぶことも。左はオーサーコーチ(写真/GettyImages)

「新型コロナによる渡航制限の影響もありましたが、羽生選手自身が“コロナ回避”を最優先。練習拠点としていたカナダには渡らず、地元・仙台のリンクで練習を続けてきました。ただ、リモートで指導は受けています。最高難度のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)も、羽生選手が動画を送り、それを見たオーサーコーチがアドバイスを送る形で成功を目指しているそうです」(前出・フィギュアスケート関係者)

 大技の完成に向けて密に連絡をとる一方で、羽生が自分の判断で大会出場の可否を決めることも増えていた。

「2020年末の全日本選手権では、出場をオーサーコーチには相談していなかった。エントリーを知ったオーサーコーチは驚きつつも、『彼が決めたことなら』と見守りました」(前出・別の関係者)

 昨年の全日本選手権にもコーチなしで出場し、2位の宇野に20点以上の差をつけて優勝。4回転半ジャンプは両足着氷となったものの、転倒はせず、北京五輪での成功の可能性を感じさせた。

 それまで北京五輪への出場を明言せず、人類初の4回転半ジャンプへのこだわりを口にしていた羽生。五輪への切符を手に入れたことで勝負のスイッチが入ったようだ。五輪の運営にかかわるスケート関係者が明かす。

「開会式の日本選手団の旗手として、羽生選手が有力視されていました。実際に打診があったそうですが、彼は丁重に断った。旗手を務めるという名誉よりも、競技に集中したい、勝ちたいという思いを優先したようです」

 また、代表決定後に行われた『日刊スポーツ』(2021年12月28日付)のインタビューでは次のように語っている。

《五輪ってやっぱり発表会じゃないんですよ、勝たなきゃいけない場所なんですよ》
《24、25歳の時に成長が止まったなって思った時期があったけど、僕たぶん、今一番うまいです》

 コーチなしで戦う見込みの羽生だが、歓喜の3連覇はなるか。

※女性セブン2022年2月10日号

世界選手権3連覇中のネイサン(時事通信フォト)

世界選手権3連覇中のネイサン(時事通信フォト)

2018年平昌五輪銀メダルの宇野も金メダルを狙う(写真/アフロ)

2018年平昌五輪銀メダルの宇野も金メダルを狙う(写真/アフロ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト