国内

「オミクロンの楽観視はいけない。予防の強化を」岡田晴恵氏が緊急解説

「感染予防を強化すべき」と語る岡田晴恵・白鴎大教授

「感染予防を強化すべき」と語る岡田晴恵・白鴎大教授

 新型コロナ「第6波」が襲来するなか、“軽症で済む”との楽観論も広がっている。はたして本当にそうなのか。「コロナの女王」岡田晴恵・白鴎大教授が緊急解説する。【全4回の第1回】

 オミクロン株の拡大で、連日、過去最多の新規感染者数を更新している。WHO(世界保健機関)は1月18日、(16日までの)1週間に確認された世界の新規感染者数が約1874万人で過去最多だったことを発表した。テドロス事務局長は「軽症の病気だとの見方は判断を誤らせる」と語り、パンデミックは「終わりには程遠い」と警告した。

 2020年1月、武漢で謎の新型ウイルスが発生したと報じられた当初からテレビなどで新型コロナの解説を続ける白鴎大学教授の岡田晴恵氏は、「オミクロン株はデルタまでの新型コロナとは異なる性質のウイルスと考えるべきです」と指摘する。

「“軽症”という言葉が一人歩きしていますが、日本のコロナの重症度分類の基準は主に『酸素飽和度』で、96%以上だと軽症、93~96%で中等症I、93%以下で中等症IIとなります。中等症以上は肺炎のような症状があったり、酸素投与が必要だったりする人ということです。酸素飽和度が96%を下回らない限りは、高熱が出ても『軽症者』に分類されました。それは、国民感覚の軽症とは異なるはずです。オミクロンでも38℃以上の熱や咳で苦しい、倦怠感がひどい方などもいますが、多くは軽症として自宅療養になるでしょう。肺炎のリスクは減りましたが、重症化する人もいますし、持病が悪化して入院した人もいます。大阪の入院者、重症者の内訳でも60代以上が増えています」(岡田氏)

 沖縄県内で確認されたオミクロン株の患者を対象にした国立感染症研究所などの調査では、感染者の9割に症状があったという結果が出た。その内訳は、8割以上の人に発熱があり、咳や全身の倦怠感があった人も半数を超えた。感染した人のうち67.6%がワクチンを2回接種しており、ブレイクスルー感染が多いこともわかっている。

「英国ではワクチンの3回接種が約6割でもあのような流行になっています。日本はまだ3回目のブースター接種は国民の2%です。日本の高齢者率の高さからも、オミクロンの楽観視はいけません。さらに今、検査の陽性率も上がり、検査が足りていません。感染者数が増えることで濃厚接触者も増加します。現在の感染者数は氷山の一角と思って、感染予防を強化すべきです」(岡田氏)

(第2回につづく)

【プロフィール】
岡田晴恵(おかだ・はるえ)/共立薬科大学大学院修了後、順天堂大学で医学博士を取得。国立感染症研究所、ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所、経団連21世紀政策研究所などを経て、白鴎大学教授。専門は感染免疫学、公衆衛生学。テレビやラジオへの出演、専門書から児童書まで幅広い執筆などを通して感染症対策に関する情報を発信している。

※週刊ポスト2022年2月11日号

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン