国内

秋篠宮さまがNY総領事と会談 異例人事の新任者に託した「安全とメディア」

ニューヨークの娘を案じられている(2019年10月、東京・渋谷区。JMPA)

ニューヨークの娘を案じられている(2019年10月、東京・渋谷区。JMPA)

 通された応接間で、男性はひとり、その屋敷の主人の到着を待っていた。底冷えする1月下旬の、重く静かな午前中。部屋がたたえる静謐な雰囲気が緊張をあおる。──外務省のキャリアとして、さまざまな外交の現場に立ち会ってきた。国内外の要人を接遇したし、海外の実力者とハードなネゴシエーションをしたことも一度や二度ではない。ただ、相手が“この方たち”となると話は別だ。

 メガネの奥の目はどこか落ち着きがない。男性は恰幅のいい体を小さくして永遠にも思える時間を待っていた。張り詰める空気が突然揺れて、“この方たち”が部屋に入ってきた。秋篠宮ご夫妻だ。秋篠宮さまは、見慣れた通りのポーカーフェイス。紀子さまにいつもの微笑みはない。

 男性がニューヨークの総領事に任じられたことを報告すると、ご夫妻は、神妙な面持ちで小さく頷かれた。その頷きに込められた意味は途方もなく大きい。もちろん“心当たり”はある。

 ニューヨークに暮らす小室夫妻を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。1月27日、秋篠宮ご夫妻は、お住まいの赤坂東邸(赤坂御用地)で、新たに着任したニューヨーク総領事と接見された。その新総領事は、森美樹夫氏。東大法学部から1985年に外務省に入省したキャリア官僚だ。

「キャリア官僚というと切れ者でドライなイメージがありますが、恰幅のよさも相まって、温厚で人情味に溢れた人物と評判です。学生時代は英語での演劇を行うサークルに裏方として所属し、入省後は主にアフリカや開発途上地域を担当してきました。

 欧米の大国相手だとシビアでビジネスライクなやりとりを求められますが、アフリカの国相手だとコミュニケーション能力や義理と人情、つまり“人間力”で仕事が円滑にすすむケースも多い。森氏はまさにそういう仕事で力を発揮するタイプ。部下にも慕われる人で、穏やかで優しい人柄からかなりの艶福家だそうです」(外務省関係者)

 別の外務省関係者が続ける。

「秋篠宮さまは、2007年に眞子さんを伴ってマダガスカルを旅行されたり、2012年にウガンダを訪問されたりと、幾度かアフリカ地域に足を運ばれています。森氏とは、公務に関連して顔を合わせ、面識があるようです」

 森氏は、昨年1月に外務省の領事局長に着任した。それからわずか1年での異動というのは珍しいケースだという。

「さらに言えば、アフリカ畑の森氏がニューヨーク総領事になったことも、外務省内で驚きをもって伝えられています。その上、総領事が着任の際に皇族方に接見すること事態が異例です。接見が宮内庁と外務省のどちらの発案で実現したものかはわかりませんが、ニューヨークで暮らす眞子さんを思って、何かと気にかけてほしいという秋篠宮さまの直談判の気持ちがあったのではないでしょうか」(前出・別の外務省関係者)

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン