スポーツ

羽生結弦、幼少期の奇跡 教えられてもいない1回転半ジャンプを成功

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

 世界中から注目される、北京五輪男子フィギュアスケートの羽生結弦(27才)。ソチ、平昌と連続して金メダルを獲得し、今大会は3連覇がかかっている。卓越した技量で世界を魅了する羽生だが、どんな経緯でスケートを始めたのか。(全5回の第1回)

《優勝をしたのなら、その次は優勝した自分を超えなきゃいけない。そんな戦いを続けることが、僕の理想です》
《まだまだ遠い話だし、出られるかどうかもわからないオリンピック。でもひたすら、すごく楽しみにしています》

 自著『蒼い炎』(扶桑社)にそう綴ったのは、当時17才だった男子フィギュアスケート選手の羽生結弦(27才)だ。ご存じの通り、その2年後に初めて出場した2014年のソチ五輪では男子シングルで金メダルを獲得し、続く2018年の平昌五輪で連覇を果たす。そして、27才になった羽生は、かつての夢だった舞台に3度目の出場をする。

 2月4日に開幕する北京五輪には、右足首に残る古傷の不安、アメリカ代表のネイサン・チェン選手(22才)をはじめとしたライバルの存在など試練が立ちはだかるなか、五輪3連覇を目指して「自分を超える戦い」に挑む。

 宮城県仙台市に生まれた羽生は、中性的な顔立ちで、よく女の子に間違えられた。ごく一般的な家庭に生まれた羽生が仙台市内のスケートリンクを訪れたのは4才のときだった。4つ上の姉の練習につきそい、にぎやかにリンクの外を走り回っていた羽生に、「そんなに動きたいのなら、やってみる?」と姉のコーチが声をかけた。

 するとスケート靴を履いた羽生はリンクへ全力疾走し、そのままリンクの中央付近まで走っていって派手に転んで頭を打ったという。コーチが慌てて駆け寄ると、無言で立ち上がり、再び元気に氷上を走り始めた。幼い羽生はアイススケートのリンクに恐怖心がなく、“初滑り”を楽しんだのだ。

 本格的に練習を始めると、まだ教えられてもいない「1回転半ジャンプ」に挑戦した。羽生の最初のコーチである山田真実さんは、朝日新聞のインタビューでこう明かしている。

《着氷で転んだのですが、ちゃんと1回転半回りました。『なんだ。これは』と。教えていないから、軸はぐちゃぐちゃ。でも運動能力だけで回ってしまったんです》

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン