ライフ

日本橋で名物母娘が商う角打ち 「女将の笑顔は太陽みたい」と慕われる

 都営浅草線の日本橋駅から徒歩1分、江戸時代から町人文化の中心だったこの地で商いを続けて70年を超える『小野屋』。

 永代通りに面するビルの青くい看板が目印。庇には「LIQUOR & FOOD ONOYA」と洒落た横文字が並ぶ。

 1階入口を入った左脇、長年の往来で年季の入った暖簾をくぐって階段を降りると、そこでは「太陽みたいに明るくて元気をもらえる」と常連客に愛される3代目女将の小倉佳子(よしこ)さん(67歳)が、大きな笑顔で迎えてくれる。

暖簾をくぐって地下へ降りると明るい角打ち空間が待っている!

暖簾をくぐって地下へ降りると明るい角打ち空間が待っている!

「新部(にいべ)さん(佳子さんの旧姓)は、小学校の同級生なんだ。足が速くてリレーの選手。歌も上手くてね。ほっそりして手足が長いから、“オリーブ”って愛称で呼ばれていた。当時も今も僕らのマドンナだよ」(60代)

「10年前、小学校の同窓会で新部さんに再会しました。新部さんの店で飲もうって話になって、昔の仲間たちとこの店に集い、ワイワイやってるうちに、もっと気楽に生きようって、なんだか肩の力が抜けたんですよ。今では、月1で定例会をしています。ここで過ごす時間は、最高の癒しですよ」(60代)

「僕は途中で(小学校を)転校しちゃったんだけど、新部さんのことはよく覚えてる。クリスマスのとき一緒に教会に行ったこともあったね。昔からチャーミングで、大人になってからも雑誌の広告にスナップ写真が載っていたし、写真館に写真が飾られていたこともあった。ずっとみんなの憧れの人です」(60代)

日本橋育ちの幼馴染みが集う憩いの場で、すっかり少年時代に戻った仲間たちは、思い出話が尽きない。

マドンナと慕う女将と懐かしい話が尽きない同級生仲間

マドンナと慕う女将と懐かしい話が尽きない同級生仲間

「お客さんのリクエストで品数がどんどん増えたのよ」と、店の壁には直筆のメニューがずらりと並ぶ。

「ネギ玉やポテサラなど昔懐かしい味に癒されますね。子供の頃、外で遊んで帰ってきたときに母が作ってくれたような、昭和の家庭の味がするんですよ」(40代、金融系)と、女将の手料理も評判だ。

 角打ちを始めた当時から人気のネギ玉子やきは、「玉子に白ワインをちょっと入れて焼くとふんわりするのよ」と女将が調理のコツを明かしてくれた。

「コンビーフ1缶をきゅうり丸ごと1本使ってサンドしたもの、これもお客さんのリクエストで作ったんだけど、“コンきゅう”と呼ばれてすっかり定番になりましたね」(女将)

女将の達筆なメニューの数々は圧巻だ

女将の達筆なメニューの数々は圧巻だ

「ここは兜町も近いからからね。かつては、証券会社のサラリーマンたちで店が満杯になって、みんな体を斜めにして、 “ダークダックス飲み”していたものですよ。

私は証券関係の専門誌で記者をしていたから、この店に来てこっそり情報収集もしてたんです(笑い)」(70代)と、40年以上通う馴染みの客の姿も。

通い歴40年超の常連客も我が家のようにくつろいでいる

通い歴40年超の常連客も我が家のようにくつろいでいる

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン