芸能

主演作でイメージ覆した佐藤二朗 絶妙な“おかしみ”が見せる新たな顔

佐藤二朗

コミカルなパブリックイメージを封印した佐藤二朗

 1月21日より公開中の佐藤二朗(52才)主演の映画『さがす』。本作は、失踪した父と、その父を必死に捜す娘の関係を描いたサスペンス。先の読めない物語や俳優たちの名演に唸る人も多く、SNSなどの口コミには「緻密な物語の構成に衝撃を受けた」、「佐藤二朗の実力を思い知らされた」といった言葉が並んだ。特に注目なのが、やはりシリアスに徹した佐藤の演技だ。佐藤が見せる俳優としての新たな一面について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、初長編映画『岬の兄妹』が国内外で高い評価を受けた片山慎三監督(40才)の長編2作目にして商業デビュー作。次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI」の第一弾作品だ。「指名手配中の連続殺人犯を探す」と口にして失踪した男とその娘、そして彼らに関わる周囲の者たちの姿を独自のタッチで描き出し、シリアスなトーンながらもエンターテインメント性の高い作品に仕上がっている。主演の佐藤は監督からの熱望を受け、オファーに応えたのだという。

 舞台は大阪の下町。中学生の娘・楓と暮らす原田智(佐藤二朗)はある日、「指名手配中の連続殺人犯を見かけた、捕まえたら懸賞金300万円がもらえる」と楓に話す。楓は父のいつもの冗談だと思い相手にしなかったが、その翌朝、智はこつ然と姿を消してしまう。警察には相手にしてもらえず、何とか手がかりを掴もうと楓が奔走していると、日雇い現場に父の名前が。しかし向かった先にいたのは見知らぬ若い男。失意に暮れる楓がふと連続殺人犯のチラシに目をやると、そこには日雇い現場にいた、父と同じ名の若い男の顔写真が載っているのだった。

 この特異な物語を支えるキャラクターには、フレッシュな若手から大ベテランまで多彩な俳優陣が配された。娘の楓役をエネルギッシュに演じる伊東蒼(16才)は、昨年公開された映画『空白』での好演も記憶に新しいところ。今作でも物語の推進力となる重要な役を見事に演じ上げ、ベテラン勢に負けぬ存在感を放っている。連続殺人鬼役を演じた清水尋也(22才)は、昨年放送された朝ドラ『おかえりモネ』(NHK)での爽やかなイメージを完全に払拭。観客を恐怖に引きずり込む怪演ぶりが話題となっている。その他、森田望智(25才)、松岡依都美(41才)、品川徹(86才)らが脇を固めている。そんな座組をけん引するのが、主演の佐藤二朗である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン