国内

バッグ、傘、眼鏡、帽子…美智子さまのご愛用品から学ぶ大人のエレガンス

帽子にチューリップの差し色をされた美智子さま。“第3の色”とお呼びになったとも

2011年の全国植樹祭にて。差し色のチューリップがシックな装いに花を添えて(2011年5月21日、写真/雑誌協会代表取材)

 令和の時代になっても、いまなお変わらぬ輝きを放ち続ける上皇后美智子さま。その上品さはファッション感度の高さ、きめ細やかなお心遣いは小物選びにも現れている。ご自身でお召しになるものから贈り物まで、美智子さまのセンスを見ていきます。

【帽子】

2011年の全国植樹祭にて

訪問先によって選ばれていたという、帽子を彩る花(コサージュ)。美智子さまは差し色を”第3の色”と呼んでいらしたという(写真/雑誌協会代表取材)

 美智子さまの帽子といえば小さな小皿帽が印象的だが、これは、お召し替えで髪形を直す必要がない、挨拶をするときにつばが当たらない、お隣の陛下の姿を隠さない……等の配慮から。海外の王室からも高い評価を得たこの帽子を作り上げたのは、日本を代表する帽子デザイナー・平田暁夫さん(享年89)だ。暁夫さん亡き後は、娘の平田欧子さんが制作してきた。

「美智子さまは『あなたも被って確認してね』とおっしゃるのですが、確かにどんなに完璧に仕上げたと思うものでも、被ってみるとここを変えた方がいいと気づかされることがあるのです。被る側の視点を忘れないというのは、美智子さまに教えていただいたことです」(平田さん)

 気に入ったデザインは何度もお直しされるという。

「似合う形や色が年々変化することをよくご理解されています。唯一無二の存在感、エレガンスはこういうところから生まれるのだと感じました」(平田さん)

■オートモード平田
住所:東京都港区西麻布4-8-1

代表の平田欧子さん

代表の平田欧子さん

立体感ある利本が印象的な、三重県でのご視察時(2019年。写真/雑誌協会代表取材)

立体感あるリボンが印象的な、三重県でのご視察時の装い(2019年。写真/雑誌協会代表取材)

リボンやコサージュのバランスはお被りの際にご自身で調整されるという(2018年5月16日、全国赤十字大会。写真提供/日本赤十字社)

リボンやコサージュのバランスはお被りの際にご自身で調整されるという(2018年5月16日、全国赤十字大会。写真提供/日本赤十字社)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン