国内

バッグ、傘、眼鏡、帽子…美智子さまのご愛用品から学ぶ大人のエレガンス

帽子にチューリップの差し色をされた美智子さま。“第3の色”とお呼びになったとも

2011年の全国植樹祭にて。差し色のチューリップがシックな装いに花を添えて(2011年5月21日、写真/雑誌協会代表取材)

 令和の時代になっても、いまなお変わらぬ輝きを放ち続ける上皇后美智子さま。その上品さはファッション感度の高さ、きめ細やかなお心遣いは小物選びにも現れている。ご自身でお召しになるものから贈り物まで、美智子さまのセンスを見ていきます。

【帽子】

2011年の全国植樹祭にて

訪問先によって選ばれていたという、帽子を彩る花(コサージュ)。美智子さまは差し色を”第3の色”と呼んでいらしたという(写真/雑誌協会代表取材)

 美智子さまの帽子といえば小さな小皿帽が印象的だが、これは、お召し替えで髪形を直す必要がない、挨拶をするときにつばが当たらない、お隣の陛下の姿を隠さない……等の配慮から。海外の王室からも高い評価を得たこの帽子を作り上げたのは、日本を代表する帽子デザイナー・平田暁夫さん(享年89)だ。暁夫さん亡き後は、娘の平田欧子さんが制作してきた。

「美智子さまは『あなたも被って確認してね』とおっしゃるのですが、確かにどんなに完璧に仕上げたと思うものでも、被ってみるとここを変えた方がいいと気づかされることがあるのです。被る側の視点を忘れないというのは、美智子さまに教えていただいたことです」(平田さん)

 気に入ったデザインは何度もお直しされるという。

「似合う形や色が年々変化することをよくご理解されています。唯一無二の存在感、エレガンスはこういうところから生まれるのだと感じました」(平田さん)

■オートモード平田
住所:東京都港区西麻布4-8-1

代表の平田欧子さん

代表の平田欧子さん

立体感ある利本が印象的な、三重県でのご視察時(2019年。写真/雑誌協会代表取材)

立体感あるリボンが印象的な、三重県でのご視察時の装い(2019年。写真/雑誌協会代表取材)

リボンやコサージュのバランスはお被りの際にご自身で調整されるという(2018年5月16日、全国赤十字大会。写真提供/日本赤十字社)

リボンやコサージュのバランスはお被りの際にご自身で調整されるという(2018年5月16日、全国赤十字大会。写真提供/日本赤十字社)

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン