スポーツ

兵庫競馬のアイドルジョッキー佐々木世麗 異例の移籍の真相を聞く

佐々木世麗騎手の真相を聞いた

佐々木世麗騎手。新人の移籍の真相は…

 2月7日、地方競馬の兵庫競馬のアイドルジョッキー・佐々木世麗(せれい)騎手(19)が新子雅司厩舎(園田)から中塚猛厩舎(園田)に移籍したことが発表された。異例とも言える移籍の背景に何があったのか、所属変更を発表した兵庫県競馬組合に聞いた。

 佐々木騎手は昨年4月に兵庫競馬初の女性騎手としてデビュー。デビュー2日目のメインレースで逃げ切って初優勝を飾ると、その年は兵庫県の新人騎手としては最多の87勝をマーク。これまでの新人最多勝記録だった44勝を大幅に更新した。この成績は、地方競馬の女性騎手新人最多記録(66勝)も抜き、地方競馬の「NARグランプリ2021」で優秀女性騎手賞を受賞した。

 順風満帆に見えたが、今年に入って1月4日に園田競馬で騎乗したあと、体調不良のため休養。それから1か月が過ぎ、いきなり今回の所属厩舎の変更が発表されたのだ。「新人騎手の厩舎変更など前例がない」(スポーツ紙担当記者)ということもあり、関係者の注目を集めている。

「競馬界は男社会で、過去に何度も女性関係者へのセクハラが問題になったことがある。岐阜の笠松競馬場では昨年、女性厩務(きゅうむ)員らへのセクハラが発覚した男性調教師が処分を受けている。中央競馬では調教師から騎手へのパワハラが裁判沙汰にもなった。佐々木騎手は休養して広島の実家に戻っていたとされるが、厩舎と何かトラブルがあったのではないかと心配されていた」(同前)

 佐々木騎手の人気は高く、追っかけもいるほどだ。騎乗すれば当然、馬券が売れる。「どのような理由であれ、主催者側としては佐々木騎手には早く休養から復帰して、騎乗を続けてほしい。そうしたなかで、所属厩舎移籍という発表がなされた」(前出・担当記者)というわけである。

 兵庫県競馬組合に佐々木騎手の厩舎移籍の理由を確認したところ、こう答えた。

「理由は聞けていないが、厩舎の移籍は年間2~3ケースあります。人間関係の小さなトラブルもあれば、騎乗機会を求めて移籍することもある。今回はセクハラ、パワハラというものではなく、体調不良だったようです。心機一転、頑張りたいということでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン