芸能

篠原涼子「冬でも脚見せ」元夫の誕生日会に履いた「スリッパサンダル」の値段

フィット感のあるワンピ姿だった

フィット感のあるワンピ姿、脚見せの、篠原涼子

 1月28日、篠原涼子(48才)はかつての自宅で、家族団らんのときを過ごしていた。この日は昨年7月に離婚を発表した、元夫・市村正親(73才)の誕生日。市村と子供2人が住むマンションでは、市村の事務所関係者を交えての誕生パーティーが開かれていた。

 篠原は体のラインがハッキリと出るほどタイトな膝上丈のニットワンピースに、黒いサンダルを合わせたラフなコーディネート。化粧はほとんどしていないが、艶っぽい肌や無造作にまとめられた髪からは、真似したくても簡単には真似ができない力の抜けた彼女らしいセンスが光る。

 急ぎ足でパーティーに駆けつける様子を『女性セブン』(2月17・24日号)が報じると、ファンの間では彼女の服装が「色っぽすぎる」と話題になった。篠原はこれまで雑誌のインタビューなどで、自身を「ズボラ」と称し、プライベートではほとんどメイクをしないことを明かしている。

 しかし、これは女優としてのプロ意識の現れだと指摘する関係者もいる。

「篠原さんは『芸能人になっていなかったら、メイクさんになりたかった』と話すほど、美容が好きなんです。第一線で活躍している女優だからこそ、プライベートでは肌を休めるために化粧をしていないんですよ」(篠原を知るヘアメイク)

 冒頭の誕生日会でのコーディネートで、ひときわ目を引いたのが「サンダル」だった。「なぜ冬なのに素足にサンダルなのか」という声も聞こえるが、芸能人を多く担当するスタイリストは彼女が履いていたアイテムについてこう話す。

「スリッパのような形ですが、レザーでできているGUCCIのもので、15万円近くするものなんですよ。中敷きがファーになっていて、冬に上手に履きこなしたいアイテムです。これまでも、彼女がドラマで着用した洋服やバッグが完売したことが度々ありましたが、このサンダルも再び注目されるかもしれません」

“冬でも素足にサンダル”は美脚を最も引き立てる、篠原流ファッションのようだった。

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン