スポーツ

聖隷センバツ落選問題 選考委員が告白「責任を痛感しています…」

まさかの落選となった聖隷クリストファーの選手たちは、練習に励む日々を送っているが……

まさかの落選となった聖隷クリストファーの選手たちは、練習に励む日々を送っているが……

 春のセンバツ甲子園の出場校選考を巡る騒動について、日本高等学校野球連盟(日本高野連)は早期の幕引きを狙う構えだ。1月28日の選考委員会で発表された出場32校を最終のものとし、詳細な選考内容は公表しないとの見解を発表した。しかし、東海地区の「2枠」の2校目に、昨秋の東海大会で準優勝した聖隷クリストファー(静岡)ではなく、ベスト4で敗退した大垣日大(岐阜)が選ばれたことを巡り、疑念の声が今も相次いでいる。選考委員会の場で、どのような議論があったのか。8人いる東海地区の選考委員のうちのひとりが、ノンフィクションライター・柳川悠二氏の取材に応じた。【前後編の前編、後編を読む

 * * *
 日本高野連は2月10日、第94回選抜高校野球大会に出場する代表校に落選した静岡・聖隷クリストファー高校に対し、東海大会で準優勝しながら代表校に漏れた理由について「詳細な内容は公開になじまない」と説明を拒否し、何らかの救済措置も実施しないことを公表した。1月28日の選考委員会から2週間が経過しても、代表選考を巡る賛否の論争は収まらず、一部で33校目の出場を願う署名を集める動きも出ていたが、日本高野連としてはこれにて“幕引き”としたいのだろう。

 まさかのゼロ回答に、聖隷クリストファーの校長であり、野球部の指揮官でもある上村敏正監督(64)も怒りを通り越して、困惑しているに違いない。

 聖隷クリストファーのグラウンドの三塁側ベンチには、1月から3月までのカレンダーが吊るされている。東海大会で準優勝した昨秋から、同校にとって初の甲子園となる選抜出場を誰もが信じて疑わず、開幕直前に関西で行う練習試合の予定から浜松市長への表敬訪問の日時までカレンダーには書き込まれていた。もちろん、これも落選によって白紙となったが、選手たちのやりきれない感情を表すように、カレンダーはそのままだった。

 そして、新チームがスタートした昨年夏に部員一人ひとりが目標を書いた紙もコンクリートの壁に貼られていた。

「120~130km/hのボールでも抑えられるキレと制球力をつける」

 そう誓いを立てていたのは、2年生の塚原流星だ。本来は左利きの右翼手ながら、昨秋の東海大会ではヒジ痛でエースを欠いたチームにあって、試合中盤から終盤にかけてリリーフとしてマウンドに上がり、2回戦、準決勝の大逆転を呼び込む立役者となった。球速は130キロに遠く及ばなくても、丁寧にコースをついてピンチをしのぐ。肉体のサイズや生まれ持った運動能力には恵まれなくとも、弛まぬ努力で目標通りの投手に短い期間で急成長した。

 ところが、東海大会で優勝した日大三島(静岡)に続く2枠目は、ベスト4に終わった大垣日大(岐阜)に決まった。その理由を、東海地区の選考委員長を務めた鬼嶋一司氏は「個人能力の差」「投手力の差」「甲子園で勝てるチームかどうか」とした。同じ説明を、塚原の前でもできるのだろうか。聖隷の関係者からすれば、チームの和で決勝まで勝ち上がった聖隷の選手を否定されたような選考理由だった。

 だからこそ、私は聖隷クリストファーの救済──具体的には現状の32校に加え新たに1校をプラスする超法規的措置──を求めるべく、選考委員会で何が話し合われ、正当に大垣日大が選出されたのか、取材を続けて来た。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン