スポーツ

羽生、高梨らを襲った北京五輪の「魔物」 予測不能のトラブルや疑惑続出

今回の北京五輪は予測不能のトラブルが相次ぐ…(写真=SipaUSA/時事)

今回の北京五輪は予測不能のトラブルが相次ぐ…(写真=SipaUSA/時事)

 何が起こるかわからないのが4年に1度の大舞台、オリンピックの怖ろしさかもしれない。しかも今回は、“疑惑”を纏った「魔物」が跋扈する。

 世界中が固唾を呑んで見守る大一番で、“穴”につまずくというアクシデントに見舞われた男子フィギュアスケート・羽生結弦(27)をはじめ、今回の北京五輪は予測不能のトラブルが相次ぐ。

 羽生は、ショートプログラムの最初のジャンプ、4回転サルコウの直前にリンクの溝にはまり、1回転ジャンプとなって8位と大きく出遅れた。演技後、「何か悪いことしたのかな」「氷に嫌われた」と苦笑した。成功すれば世界初となる4回転アクセルは失敗に終わり、94年ぶりの3連覇は幻に終わったが、ISU公認大会で初めてジャンプの種類として認定された。

 金メダルを期待されたスキージャンプ混合団体の高梨沙羅(25)は、1回目で103メートルの大ジャンプを記録したが、直後にスーツ規定違反でまさかの失格。日本は4位まで追い上げたものの、無情な裁定に国内外で議論が巻き起こった。

 6大会連続出場のスノーボード女子パラレル大回転・竹内智香(38)は、レース中、同走のドイツ人選手を妨害したとして途中棄権扱いで敗退。抗議したものの審判員のほとんどがドイツ人だったためか、判定が覆ることはなかった。

 スノーボード女子スロープスタイル・芳家里菜(22)は、開会式前日となる2月3日の公式練習中に転倒、脊椎損傷の大怪我を負い、大会欠場に追い込まれた。人工雪による雪面の“異常な硬さ”が要因と指摘されている。

 一方、中国人選手に有利な判定が多いことに、世界から疑惑の目が向けられている。ショートトラック男子1000メートルでは、準々決勝から決勝まで2位だった任子威が、疑惑の判定で繰り上げ金メダルになり物議を醸した。

 誰もが認める絶対王者が重圧から実力を発揮できないなど、毎回様々なドラマが生まれるオリンピックには「魔物が棲む」と言われる。だが、今回ばかりはアスリートの内に潜む何者かではない“見えざる魔物”が跳梁跋扈する4年に一度の祭典になった。

※週刊ポスト2022年3月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン