スポーツ

羽生、高梨らを襲った北京五輪の「魔物」 予測不能のトラブルや疑惑続出

今回の北京五輪は予測不能のトラブルが相次ぐ…(写真=SipaUSA/時事)

今回の北京五輪は予測不能のトラブルが相次ぐ…(写真=SipaUSA/時事)

 何が起こるかわからないのが4年に1度の大舞台、オリンピックの怖ろしさかもしれない。しかも今回は、“疑惑”を纏った「魔物」が跋扈する。

 世界中が固唾を呑んで見守る大一番で、“穴”につまずくというアクシデントに見舞われた男子フィギュアスケート・羽生結弦(27)をはじめ、今回の北京五輪は予測不能のトラブルが相次ぐ。

 羽生は、ショートプログラムの最初のジャンプ、4回転サルコウの直前にリンクの溝にはまり、1回転ジャンプとなって8位と大きく出遅れた。演技後、「何か悪いことしたのかな」「氷に嫌われた」と苦笑した。成功すれば世界初となる4回転アクセルは失敗に終わり、94年ぶりの3連覇は幻に終わったが、ISU公認大会で初めてジャンプの種類として認定された。

 金メダルを期待されたスキージャンプ混合団体の高梨沙羅(25)は、1回目で103メートルの大ジャンプを記録したが、直後にスーツ規定違反でまさかの失格。日本は4位まで追い上げたものの、無情な裁定に国内外で議論が巻き起こった。

 6大会連続出場のスノーボード女子パラレル大回転・竹内智香(38)は、レース中、同走のドイツ人選手を妨害したとして途中棄権扱いで敗退。抗議したものの審判員のほとんどがドイツ人だったためか、判定が覆ることはなかった。

 スノーボード女子スロープスタイル・芳家里菜(22)は、開会式前日となる2月3日の公式練習中に転倒、脊椎損傷の大怪我を負い、大会欠場に追い込まれた。人工雪による雪面の“異常な硬さ”が要因と指摘されている。

 一方、中国人選手に有利な判定が多いことに、世界から疑惑の目が向けられている。ショートトラック男子1000メートルでは、準々決勝から決勝まで2位だった任子威が、疑惑の判定で繰り上げ金メダルになり物議を醸した。

 誰もが認める絶対王者が重圧から実力を発揮できないなど、毎回様々なドラマが生まれるオリンピックには「魔物が棲む」と言われる。だが、今回ばかりはアスリートの内に潜む何者かではない“見えざる魔物”が跳梁跋扈する4年に一度の祭典になった。

※週刊ポスト2022年3月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
キャンプで日ハムの選手とコミュニュケーションをとる西川(時事通信フォト)
楽天西川だけじゃない!某若手選手もひた隠す「プロ野球選手の結婚」令和な事情
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
ライブ配信では軽やかに話す稲葉の母(右。写真はインスタより)と、稲葉(左)
B’z稲葉浩志の母、化粧品店経営でネット駆使の辣腕 ライブ配信も大人気
女性セブン
初めて単身で伊勢参拝に臨まれる(9月、東京・港区/宮内庁提供)
悠仁さま「愛子さまより先に伊勢参拝」で崩れる序列 天皇家と秋篠宮家の間に溝か
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
結婚を発表したばかりの弘中綾香アナ
弘中綾香アナ、結婚相手は「大阪出身のコテコテの関西弁を話す人」、新しい名字も局内にメールで報告
NEWSポストセブン