ライフ

【新刊】仮想現実VS現実世界の二項対立で語る『メタバースとは何か』など4冊

book

メタバースで夢見た浦島太郎。リアルに帰還しなければ良かったのに(本文より)

 まだまだ寒いこの季節。暖かい部屋の中で読書を楽しむのはいかがでしょうか。注目の新刊4冊を紹介します。

『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』
岡嶋裕史/光文社新書/902円

 戦略なのだろうが、おたくな部分を思いっきり拡張した文章に笑う。ゲームに不案内な者としては、メタバースってこういうことなのかと視界が開ける。メタバース(仮想現実)vs.ユニバース(現実世界)と二項対立で語られる近未来。上級国民はリアルでもいいだろうが、救われない層が不快や摩擦を避けてメタバースで憩うことは充分理解できる。GAFAMの動向に注目だ。

 

book

80代の鈴さんが美しいのは髪も肌も「自然の色」だから(岡田の発見)

『ミス・サンシャイン』
吉田修一/文藝春秋/1760円

 1950年代カンヌで女優賞をとり、ハリウッドにも進出した伝説の女優和楽京子(本名・石田鈴)。院生の岡田一心は映画演劇史の教授に紹介されて彼女の下で資料整理のバイトを始める。彼女の記憶が語る映画産業の勃興と斜陽、原爆投下国が自分を「ミス・サンシャイン」と呼んだわざとらしさへの反骨、そして亡き友への友情。鈴さんに恋してしまう青年の感受性に青春が煌めく。

book

実在の人物の半生を、男の独占欲に痛めつけられた人生として描く

『朱より赤く 高岡智照尼の生涯』
窪美澄/小学館/1760円

 綺麗な着物につられ、12才で舞妓になったみつ。舞妓になるということがどういうことかも知らず……。高岡智照尼とは実在した人物。瀬戸内寂聴の『女徳』でも知られる。旦那への腹いせで指を落として醜聞をふりまき、上京した彼女のブロマイドは飛ぶように売れ、新聞に半生を語り下ろすほどの有名人に。男の独占欲に翻弄された遍歴が「私」という一人称でより切なく迫る。

book

思案する読書人。むやみにあおらない筆致が心地いい

『千年の読書 人生を変える本との出会い』
三砂慶明/誠文堂新光社/1980円

 柔らかい語り口が新鮮。古典が頻出しそうだと多少気の重かった先入観も、そよ風に乗ってどこかへ消える。著者は新卒で入社した工作社が2年でつぶれ、懸命の就活で梅田の蔦屋書店の立ち上げメンバーに。寄る辺なかった時期に身にしみた本や、お金、食、死など現代の諸相も自分に引きつけて語る。現代の知性とはこういう柔らかさのことかも。巻末ブックリストもお役立ち。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年3月3日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン