ライフ

【新刊】仮想現実VS現実世界の二項対立で語る『メタバースとは何か』など4冊

book

メタバースで夢見た浦島太郎。リアルに帰還しなければ良かったのに(本文より)

 まだまだ寒いこの季節。暖かい部屋の中で読書を楽しむのはいかがでしょうか。注目の新刊4冊を紹介します。

『メタバースとは何か ネット上の「もう一つの世界」』
岡嶋裕史/光文社新書/902円

 戦略なのだろうが、おたくな部分を思いっきり拡張した文章に笑う。ゲームに不案内な者としては、メタバースってこういうことなのかと視界が開ける。メタバース(仮想現実)vs.ユニバース(現実世界)と二項対立で語られる近未来。上級国民はリアルでもいいだろうが、救われない層が不快や摩擦を避けてメタバースで憩うことは充分理解できる。GAFAMの動向に注目だ。

 

book

80代の鈴さんが美しいのは髪も肌も「自然の色」だから(岡田の発見)

『ミス・サンシャイン』
吉田修一/文藝春秋/1760円

 1950年代カンヌで女優賞をとり、ハリウッドにも進出した伝説の女優和楽京子(本名・石田鈴)。院生の岡田一心は映画演劇史の教授に紹介されて彼女の下で資料整理のバイトを始める。彼女の記憶が語る映画産業の勃興と斜陽、原爆投下国が自分を「ミス・サンシャイン」と呼んだわざとらしさへの反骨、そして亡き友への友情。鈴さんに恋してしまう青年の感受性に青春が煌めく。

book

実在の人物の半生を、男の独占欲に痛めつけられた人生として描く

『朱より赤く 高岡智照尼の生涯』
窪美澄/小学館/1760円

 綺麗な着物につられ、12才で舞妓になったみつ。舞妓になるということがどういうことかも知らず……。高岡智照尼とは実在した人物。瀬戸内寂聴の『女徳』でも知られる。旦那への腹いせで指を落として醜聞をふりまき、上京した彼女のブロマイドは飛ぶように売れ、新聞に半生を語り下ろすほどの有名人に。男の独占欲に翻弄された遍歴が「私」という一人称でより切なく迫る。

book

思案する読書人。むやみにあおらない筆致が心地いい

『千年の読書 人生を変える本との出会い』
三砂慶明/誠文堂新光社/1980円

 柔らかい語り口が新鮮。古典が頻出しそうだと多少気の重かった先入観も、そよ風に乗ってどこかへ消える。著者は新卒で入社した工作社が2年でつぶれ、懸命の就活で梅田の蔦屋書店の立ち上げメンバーに。寄る辺なかった時期に身にしみた本や、お金、食、死など現代の諸相も自分に引きつけて語る。現代の知性とはこういう柔らかさのことかも。巻末ブックリストもお役立ち。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年3月3日号

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン