ライフ

健常な腸内細菌叢を保つことで「うつ病」などの改善に繋げる

小腸のパネト細胞から分泌される「αディフェンシン」がうつ病などにも関係しているという(イラスト/いかわ やすとし)

小腸のパネト細胞から分泌される「αディフェンシン」がうつ病などにも関係しているという(イラスト/いかわ やすとし)

 自然免疫を担う小腸のパネト細胞から分泌される「αディフェンシン」が、うつ病などにも関わっていることがわかってきた。例えば、うつ病モデルマウスではαディフェンシンが顕著に減少しており、そこにαディフェンシンを投与すると、ヒトのうつ病患者で減少しているグルタミン酸やウラシルなどが増える結果を得られたのだ。

 近年の研究で、うつ病や生活習慣病、加齢による免疫機能低下などに腸内細菌叢とαディフェンシンが関わっていることが指摘されている。

 北海道大学大学院先端生命科学研究院の中村公則准教授に聞く。

「疾患モデルマウスを使い、骨髄移植の副作用である移植片対宿主病(GVHD)のメカニズムを解明する共同研究を行ないました。その際、マウスに骨髄移植をした結果、GVHDとなり、敗血症を起こして死ぬ個体が出ます。それらの死んだ個体の腸内細菌を調べたら、大腸菌が異常繁殖し、多様化が失われ、αディフェンシンも大幅に減少、あるいは消滅していたのです。

 そこでパネト細胞への分化を促進する薬剤を投与したところ、パネト細胞が復活し、αディフェンシンも増加。これにより、GVHDはパネト細胞が消失することでαディフェンシンを産生できず、腸内細菌叢の多様性が失われ、大腸菌が増えて敗血症を起こすことがわかりました」

 次に中村准教授らは、うつ病のモデルマウスで腸内細菌叢を調べる研究も実施。過剰なストレスをかけ、ヒトにおけるうつ状態を作り出したマウスの腸を調べると、腸内細菌叢が破綻しており、グルタミン酸やウラシルなどの代謝物質も低下していた。

 うつ病患者ではグルタミン酸やウラシルなどがかなり低下することが報告されている。そのため、うつ病モデルマウスにαディフェンシンを口から投与してみると、代謝物質が増加、腸内細菌叢が健常な状態に戻ったのだ。

 つまり、うつ病発症には様々なメカニズムがあり、腸内細菌叢が全てではないが、αディフェンシンを増やして腸内細菌叢のバランスを保てれば、うつ症状の軽減に寄与する可能性があると判明した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン