ライフ

健常な腸内細菌叢を保つことで「うつ病」などの改善に繋げる

小腸のパネト細胞から分泌される「αディフェンシン」がうつ病などにも関係しているという(イラスト/いかわ やすとし)

小腸のパネト細胞から分泌される「αディフェンシン」がうつ病などにも関係しているという(イラスト/いかわ やすとし)

 自然免疫を担う小腸のパネト細胞から分泌される「αディフェンシン」が、うつ病などにも関わっていることがわかってきた。例えば、うつ病モデルマウスではαディフェンシンが顕著に減少しており、そこにαディフェンシンを投与すると、ヒトのうつ病患者で減少しているグルタミン酸やウラシルなどが増える結果を得られたのだ。

 近年の研究で、うつ病や生活習慣病、加齢による免疫機能低下などに腸内細菌叢とαディフェンシンが関わっていることが指摘されている。

 北海道大学大学院先端生命科学研究院の中村公則准教授に聞く。

「疾患モデルマウスを使い、骨髄移植の副作用である移植片対宿主病(GVHD)のメカニズムを解明する共同研究を行ないました。その際、マウスに骨髄移植をした結果、GVHDとなり、敗血症を起こして死ぬ個体が出ます。それらの死んだ個体の腸内細菌を調べたら、大腸菌が異常繁殖し、多様化が失われ、αディフェンシンも大幅に減少、あるいは消滅していたのです。

 そこでパネト細胞への分化を促進する薬剤を投与したところ、パネト細胞が復活し、αディフェンシンも増加。これにより、GVHDはパネト細胞が消失することでαディフェンシンを産生できず、腸内細菌叢の多様性が失われ、大腸菌が増えて敗血症を起こすことがわかりました」

 次に中村准教授らは、うつ病のモデルマウスで腸内細菌叢を調べる研究も実施。過剰なストレスをかけ、ヒトにおけるうつ状態を作り出したマウスの腸を調べると、腸内細菌叢が破綻しており、グルタミン酸やウラシルなどの代謝物質も低下していた。

 うつ病患者ではグルタミン酸やウラシルなどがかなり低下することが報告されている。そのため、うつ病モデルマウスにαディフェンシンを口から投与してみると、代謝物質が増加、腸内細菌叢が健常な状態に戻ったのだ。

 つまり、うつ病発症には様々なメカニズムがあり、腸内細菌叢が全てではないが、αディフェンシンを増やして腸内細菌叢のバランスを保てれば、うつ症状の軽減に寄与する可能性があると判明した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン