芸能

追悼・西郷輝彦さん 大村崑が明かす「叶わなかった同窓会」「輝ちゃんのくしゃみ」

大村崑さんが知る西郷さんの姿

大村崑さんが知る西郷さんの姿とは

 2月20日、前立腺がんのため、歌手で俳優の西郷輝彦さんがなくなった。75歳だった。西郷さんの代表作のひとつであるドラマ『どてらい男』(1973~77年、関西テレビ)で共演した喜劇俳優の大村崑さん(90)は、西郷さんから「先輩」と慕われた。「輝ちゃんのことは“弟分”のように思っていた」と振り返る大村さんが、生前の印象深い思い出を改めて明かした。

 後年には西郷さんが座長の舞台に副座長として呼ばれることもあった大村さんだが、西郷さんが最先端治療のためにオーストラリアに行く直前と帰国直後には、「元気な声で本人から連絡があった」という。それだけに突然の訃報にはショックを隠せない様子だ。

 大村さんは改めて「名古屋・御園座での西郷輝彦座長の舞台を思い出す」と話し始めた。

「二部構成で、一部が芝居、二部が歌謡ショーだった。芝居では、大久保彦左衛門役のボクが“ヘエックション!”とくしゃみをして笑いを取って暗転する流れだった。台本には“ハクション”としか書かれていないが、ボクは毎日違うくしゃみで笑いを取っていたんです。するとある日、輝ちゃんが“暗転の時のあの面白いくしゃみを教えてほしい”というわけ。

 我々の世界は芸を教えず、舞台の袖から見て盗むのが常識だった。古い人間のボクからは輝ちゃんは現代っ子に見えましたね。しかも教えてあげたくても、なかなか教えようがないから困惑していたんです。すると輝ちゃんは『くしゃみを売ってください』と言い出した。これには笑ってしまいましたが、最後に『売るとこの先、死ぬまでくしゃみができなくなる』と答えると、苦笑いしながら諦めてくれました。それぐらい輝ちゃんは自分の芸には真剣に取り組んでいました」

 その後も、西郷さんはよく大村さんの携帯に電話をかけてきたという。

「人恋しくなったり、面白い話をしたりして喜んでもらいたいという時に電話をくれるんですが、必ずくしゃみをするんですよ。それで『先輩、まだうまくできません』というので、ボクがくしゃみをすると『勉強します』と笑ってくれていた。冗談交じりですが、何か役者魂のようなものを感じた。それだけにこんな早くに逝くとは想像もしなかった」

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン