国内

小室圭さん、2度目のNY司法試験にテレビと新聞は静観 秋篠宮さま会見の影響も

今度こそ実力を発揮できるか?(時事通信フォト)

今度こそ実力を発揮できるか?(時事通信フォト)

 7か月ぶりの“再挑戦”は静かに行なわれた。秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)が米ニューヨーク州の司法試験(2月22日、23日)に挑んだと報じられた。

「昨年7月の初挑戦で不合格だった小室さんは、現地の法律事務所で法務助手として働きながら、2度目の試験の準備をしてきたそうです。合格率は2月の試験の方が7月より低い傾向があり、昨年も2月の合格率は49%、7月は63%でした」(宮内庁担当記者)

 合否の発表は4月予定で、結果次第では小室さんの仕事やビザを含め、今後の生活に重大な影響が出かねない。

 それだけに再試験には注目が集まっていたが、メディアの報道は控えめなものだった。

 キー局は「小室圭さん再受験へ」としてニュース番組内で短く触れる程度で、全国紙では1紙もこの話題を扱わなかった。

「特にテレビの姿勢は顕著でした。初受験の時は各局がワイドショーで尺を取って扱っていましたからね。当時、『小室圭さんが司法試験終了』と速報を打ったNHKも、今回はスルーを決め込んでいます」(テレビ制作会社スタッフ)

 背景には、昨年11月の秋篠宮様の会見があるという。

「眞子さんの結婚をめぐって事実と異なる報道が続いたと懸念を示し、今後はそうした内容に反論するうえで、『一定の基準作りをする必要がある』との考えを述べられました。あれ以降、各局は眞子さん夫婦への取材を極力控えるようになったんです。昨年11月の夫婦の渡米時は、各局がニューヨーク支局のスタッフを総動員して2人を追いかけましたが、今回は小室さんの近影すら撮らなかったといいます」(宮内庁担当記者)

 2人の渡米後は、「NY総領事館と日本メディアの現地支局の間で撮影を自粛することで合意した」とも報じられた。

 メディアの喧噪から離れた小室さんは、今度こそ実力を発揮できるか。

※週刊ポスト2022年3月11日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン