国際情報

プーチン大統領“実母”の秘密 当局が写真をすべて没収、取材しても放送できず

(写真/アフロ)

ウクライナ侵攻を命じたロシアのプーチン大統領(写真/アフロ)

 正午を少し回った頃、その男は“朝食”を口にしてゆっくりと一日をスタートさせる。メニューは大きなオムレツかオーツ麦のおかゆ。食後はプールで2時間ほど豪快にクロールで泳ぎながらひとり自国の未来に思いを巡らせるという。男の名は、ウラジーミル・プーチン(69才)。ウクライナ侵攻を命じ、全世界の注目を一身に集めるロシア大統領である。

「侵攻から4日目、ウクライナの首都キエフが陥落しないことにいら立ち、ロシアの核戦力部隊に臨戦態勢をとるように指示しました。降伏しないなら核攻撃も辞さない。プーチン氏の強硬路線が、最悪の事態を招こうとしています」(大手紙外信部記者)

 欧州の主要国が隣国に侵攻するのは、第二次世界大戦以来、初めてのことだ。プーチン氏はその大義名分として、「ウクライナ国内のロシア系住民を保護する必要がある」と主張している。侵攻以降、ウクライナの東部や首都キエフなどでは連日爆発音が鳴り響き、子供を含む多くの死傷者が出ていることが報じられている。

 一方で、ロシア国内でもプーチン氏主導の戦争に否定的な声が少なくない。侵攻前夜、ロシア軍関係の組織「全ロシア将校協会」が文書を発表した。そこには「これまでロシアがかかわった戦争は、外敵に攻められて仕方なく応戦した自衛戦争だが、今回は利己的な目的の戦争である」と書かれている。つまり、プーチン氏が自分の資産や財産、地位や名誉を守るための私利私欲の戦争ではないかと、糾弾しているのだ。

 プーチン氏の暴挙の裏には、ロシア国内では決して触れられることのないプライベートのタブーが存在する。プーチン氏の過去にはこんな抹消された“秘密”があると、まことしやかに囁かれている。

「プーチン氏の母親は、ほかにいるという説があります。大統領就任直前の2000年2月、隣国のグルジア(現ジョージア)に住む高齢女性が、プーチン氏の生みの親として地元の新聞やテレビに取り上げられました。この“実母”の証言が一冊の本にまとめられ、『ロシア大統領の秘められた経歴』というタイトルで出版された。しかし発売直後にロシア当局から発禁処分を受け、大半が破棄されました」(ロシア在住の日本人ジャーナリスト)

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン