スポーツ

蛯名正義調教師が厩舎開業 「丈夫な馬をつくる」考え方の継承を誓う

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、3月1日に開業した「蛯名正義厩舎」への思いをお届けする。

 * * *
 競馬界では3月に新人騎手がデビュー、新人調教師の厩舎が開業し、70歳になられた調教師の方が2月いっぱいで定年を迎え、馬や人が入れ替わります。春の予感も手伝って、なんとなく浮き足だってしまいそうですが、僕が研修させてもらっている藤沢和雄厩舎では、まったくそういう空気は感じられません。

 あくまでも「馬優先」。今週で解散だという悲壮感もなく、これまで通りに淡々と仕事をしていたスタッフの姿が目に焼き付いています。そこで日々過ごしてきた僕も「さあ、今週が初陣だ」と気負うことなく、馬の様子を見ることに集中しています。

 厩舎の場所も決まり、いまはどうしたら馬にとって心地よい場所になるか、スタッフが仕事をしやすい環境になるかに腐心しています。

 ありがたいことに藤沢和厩舎のスタッフが9人、引き続き僕の厩舎でやってくれることになりました。あと1人は、僕がジョッキーの時にお世話になっていて、やはり今回解散する田中清隆厩舎のスタッフで、以前から開業したら一緒にやりたいと言ってくれていました。調教助手の大江原勝、津曲大祐を始め合計10人の精鋭で頼もしい限りです。

 普通の組織では上に立つ人が変わると、いきなりこれまでのやり方を改めたりすることがあるかもしれないけれど、僕たちは馬という生き物を扱う仕事。その馬に合ったやり方をしなければいけない。志ばかり高くても、馬に無理をさせてしまっては何もなりません。スタッフもみなそれがわかっていますので、自分の色を出すぞ、ということではなく、あくまでこれまでの延長線上でありたいと思います。

 4年近くの技術研修でこの厩舎の馬も人も見てきているので、これ以上のことは何ができるんだろうって思います。藤沢先生と違うものが僕にあるとしたら、ジョッキーとしての感覚ですが、調教など日常のベースは変わりません。「丈夫な馬をつくる」という考え方を継承していかなくてはならないと思っています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン