芸能

『カムカムエヴリバディ』怒涛の伏線回収へ ヒントは「映画」「おまじない」

『カムカム』はひなた編になりさらに盛り上がる

最終回に向けて怒涛の伏線回収が?(画像は公式HPより)

 毎朝の楽しみというかたも多いだろうNHKの連続テレビ小説。しかし『カムカムエヴリバディ』のあまりの展開の速さについていけない人もいるんだとか。NHK関係者が明かしてくれた今後の展開を読めば、また見始めたくなるかも。読む人はネタバレにご注意を──。

 3人のヒロインが岡山・大阪・京都を舞台に3世代、100年にわたる物語を描くNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。

 日本でラジオ放送が始まった1925年から描かれたドラマも、1980〜1990年代に突入し、現在は川栄李奈(27才)演じる3代目ヒロインのひなた編。視聴率は過去最高の18.6%に迫る18.0%を記録するなど、依然人気が続いている。

 オダギリジョー(46才)演じる錠一郎が、過去に放送されたNHK連続テレビ小説の『おしん』や『ロマンス』に釘付けになっていたり、登場する小物や文化も現代にグッと近づいてきて、懐かしさを感じる視聴者も多いだろう。

「つらいことが多かった上白石萌音さん(24才)演じる安子編、さまざまな傷を負いながらも周りに支えられ、健気に回転焼き(大判焼き・今川焼き)屋を開いて成長していく深津絵里さん(49才)演じるるい編、両方とも面白かったですが、悲しいシーンも多くて心が重くなる朝もありました。でも、ひなた編になってからは、とにかくお茶目なヒロインのおかげで明るくて毎朝を楽しく迎えられています」(50代女性)

「ここ最近の朝ドラは、ヒロインに実際のモデルがいることが多く、その人の人生を知っていたら結末が予想できるものもありました。でも『カムカム』はまったくラストの想像ができません。どうなるんだろうと毎日、気になって見ています」(50代男性)

 とおおむね好評の一方で、こんな不安の声もある。

「るいが錠一郎とやっと結婚したと思ったら、あっという間に赤ちゃんが生まれ、さらに10年後の設定なのですがすぐに2人目も生まれて、上の子が気づいたらヒロインになって……と、私には展開があまりにも急すぎてついていくのが精一杯です。あと、安子編から謎のままになっていることが多すぎて、この伏線が最終回までにすべて回収されるのかしらと心配でもあります」(70代女性)

 その心配は無用のようだ。あるNHK関係者が胸を張る。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン