芸能

『カムカムエヴリバディ』怒涛の伏線回収へ ヒントは「映画」「おまじない」

『カムカム』はひなた編になりさらに盛り上がる

最終回に向けて怒涛の伏線回収が?(画像は公式HPより)

 毎朝の楽しみというかたも多いだろうNHKの連続テレビ小説。しかし『カムカムエヴリバディ』のあまりの展開の速さについていけない人もいるんだとか。NHK関係者が明かしてくれた今後の展開を読めば、また見始めたくなるかも。読む人はネタバレにご注意を──。

 3人のヒロインが岡山・大阪・京都を舞台に3世代、100年にわたる物語を描くNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。

 日本でラジオ放送が始まった1925年から描かれたドラマも、1980〜1990年代に突入し、現在は川栄李奈(27才)演じる3代目ヒロインのひなた編。視聴率は過去最高の18.6%に迫る18.0%を記録するなど、依然人気が続いている。

 オダギリジョー(46才)演じる錠一郎が、過去に放送されたNHK連続テレビ小説の『おしん』や『ロマンス』に釘付けになっていたり、登場する小物や文化も現代にグッと近づいてきて、懐かしさを感じる視聴者も多いだろう。

「つらいことが多かった上白石萌音さん(24才)演じる安子編、さまざまな傷を負いながらも周りに支えられ、健気に回転焼き(大判焼き・今川焼き)屋を開いて成長していく深津絵里さん(49才)演じるるい編、両方とも面白かったですが、悲しいシーンも多くて心が重くなる朝もありました。でも、ひなた編になってからは、とにかくお茶目なヒロインのおかげで明るくて毎朝を楽しく迎えられています」(50代女性)

「ここ最近の朝ドラは、ヒロインに実際のモデルがいることが多く、その人の人生を知っていたら結末が予想できるものもありました。でも『カムカム』はまったくラストの想像ができません。どうなるんだろうと毎日、気になって見ています」(50代男性)

 とおおむね好評の一方で、こんな不安の声もある。

「るいが錠一郎とやっと結婚したと思ったら、あっという間に赤ちゃんが生まれ、さらに10年後の設定なのですがすぐに2人目も生まれて、上の子が気づいたらヒロインになって……と、私には展開があまりにも急すぎてついていくのが精一杯です。あと、安子編から謎のままになっていることが多すぎて、この伏線が最終回までにすべて回収されるのかしらと心配でもあります」(70代女性)

 その心配は無用のようだ。あるNHK関係者が胸を張る。

関連記事

トピックス

松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
里崎智也氏が「みられるための戦略」を語り尽くす(撮影/田中智久)
【野球YouTube動画総再生回数No.1】里崎智也が明かす“みられるための戦略”「テレビで言えないけど、話したいことが山のようにあった」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン