ライフ

和田秀樹医師が語る、老化を防ぐ生き方 肉食は控えるのではなく積極的に

肉を積極的に食べることのメリットは?(イメージ)

肉を積極的に食べることのメリットは?(イメージ)

「老いを完全に止めることはできませんが、老いを遅らせることはできます。生き生きとした生活を長く維持するためには、最後の活動期とも言える70代をどう過ごすかがカギになる」。こう語るのは、20万部のベストセラーになっている『70歳が老化の分かれ道』(詩想社新書)の著者で精神科医の和田秀樹医師である。和田氏が70代の過ごし方について語る。【前後編の後編。前編を読む

 老化を防ぐには、食事などの生活習慣も大切だが、これも「70代から」は考え方を変える必要がある。

 そのひとつが、肉食は「控える」のではなく、「積極的に食べる」こと。加齢とともに意欲レベルが低下する原因のひとつが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの減少だ。セロトニンは別名「幸せ物質」とも呼ばれ、これが減ると日々の幸福感が薄れ、はつらつとした若々しさや活動意欲が低下してしまう。気分が沈んだり、イライラして感情が不安定になるうえ、うつ病のリスクも高まる。

 このセロトニンの減少を防ぐのが、肉食だという。

「セロトニンの材料となるのはトリプトファンというアミノ酸で、これは肉に多く含まれている。肉を積極的に食べることで、セロトニンの生成が促進され、意欲低下を防ぐことにつながります」(以下、「」内は和田医師)

 肉にはコレステロールが多く含まれるため、動脈硬化を促進して心筋梗塞などのリスクを高める「悪者」扱いされているが、これにも疑問を呈す。

「心疾患が死因のトップのアメリカならともかく、日本では心筋梗塞で亡くなる人の数はがんの10分の1。OECD諸国のなかでも格段に少ないのです。コレステロールは男性ホルモンの原料にもなる大切なもの。肉の過食による動脈硬化ではなく、コレステロールを減らすことでもたらされる男性ホルモンの減少こそ気にするべきです」

 70代になったらダイエットも「厳禁」だ。肥満度は体重(kg)を身長(m)の2乗で割った数値「BMI」が指標とされ、「18.5以上25未満」が標準となっている。

「しかし、国民栄養調査では、太り気味とされるBMI25以上30未満の人がいちばん長生きで、BMI18.5未満のやせ型の人の死亡率はその2.5倍も高かった。アメリカでの調査でも同様で、やせている人よりも、少しぽっちゃりしている人のほうが長寿だという結果が出ているのです」

 中高年になると血圧や血糖値をコントロールするために薬を服用している人も増えるが、70代になったら、これも見直す必要があると言う。

「薬で血圧を下げるのは、将来、心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中のリスクを減らすためですが、薬で『正常値』まで血圧や血糖値を下げてしまうと、身体がだるくなり、頭がボーッした状態になることがよく起こる。薬によって検査数値が正常範囲になったとしても、活動レベルが落ちてしまえば、元気のない老人になっていくだけ。正常値にこだわらず、日常の生活レベルを落とさない程度の薬にしたいと医師に伝えてみてはどうでしょうか。

 私も血糖値と血圧の薬を飲んでいますが、血糖値は200、血圧は170くらいに抑える程度にコントロールしています」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン