芸能

小池栄子の強さ知る野田義治氏「僕についてこなかったのは正しかった」

グラビアアイドルから大河女優へとのし上がった小池栄子(時事通信フォトより)

グラビアアイドルから大河女優へとのし上がった(時事通信フォト)

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で北条政子役を演じ、注目を集める小池栄子(41)。グラビアイドルとして名を馳せた当時、彼女を支えたのが、芸能事務所・イエローキャブの社長だった野田義治氏(75)だ。小池栄子を“発掘”したとも言える野田氏が、大河女優として大成するまでの軌跡について語った。

 小池を芸能界に引き入れた際、野田氏は“ある約束”を交わしていたと明かす。

「親御さんとの約束で、グラビアはなしってことになっていたんです。だから最初に小池に持ってきたのはドラマの仕事でした。でも新人だったから評価を得ることに苦労していたし、それなりの評価を受けても、なかなか売れるまでにはならない。そこでまずはグラビアをやっていこう、と持ちかけました。小池は『騙された』って言ってましたね(笑)」

 本意ではなかったグラビアデビューだったが、小池は真剣に向き合った。

「内面に秘めたものがガツガツしていたのかもしれない。『私、やる気あります!』じゃなくて『私、やります!』というタイプ。そのうちにバラエティの仕事の声もかかるようになって、小池はどんどん本気を出していった。

 バラエティ番組の現場でも『あの子いいね』と言われるようになり、俺としても『小池をイロモノとして終わらせたくない』という思いが大きくなっていった。それから徐々にお芝居も評価されるようになって、内心では『良し!』と思っていましたね」(野田氏)

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン