芸能

読書家女優の南沢奈央「母の闘病だけは苦しくて書けなかった」

南沢奈央

遠藤和さんの闘病記に感銘を受けたという南沢奈央

  21才で大腸がんステージIVの宣告を受け、22才で結婚、23才で娘を出産。2021年9月、闘病の末に24才で亡くなった遠藤和(のどか)さんが1才の娘のために綴った日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』が話題を呼んでいる。芸能界きっての読書家で、書評の連載も持つ女優の南沢奈央さんに話を聞いた。

 * * *
 もともと、読書が大好きでした。好きだと口にしていたら、ありがたいことに書評のお仕事までいただけるようになり、現在に至ります。ただ、読むのは小説などフィクションが主で、ノンフィクションにはあまり触れてきませんでした。なかでも闘病記というジャンルの本はほとんど読んだことがなかったので、新鮮な気持ちで手に取りました。

 表紙とタイトルを見て、ずっとつらい話が続くのかな? と身構えてどきどきしていたのですが、想像していたよりもたくさん前向きな言葉が散りばめられていたので、のめりこむように読み進めることができました。和さんのまっすぐな言葉は、私の心にグサグサと刺さり……、むしろ励まされちゃった、そんな感覚です。

 ふだん、本にふせんを貼ることはしないのですが、今回は勇気をもらえた言葉や印象に残ったシーンを覚えていたくて、結果的に、かなりたくさん貼ることになりました。

 たとえば、2021年5月20日の日記の「(入院中、夫の遠藤将一さんに)会えただけで全然違う。生きる気力が湧いてきた。やっぱり、遠藤さんが最強の薬なんだ」という言葉は、すごく印象的でした。将一さんは、一貫して「がんは治る」と励まし続けました。いちばん身近な家族が、誰よりも前向きでひたむきな姿勢だったことは、和さんも心強かっただろうなと思います。そして、病気と闘っている和さんの姿は、とても力強くたくましかったです。

 将一さんと、和さんのご実家も交えて、頻繁に家族会議をするスタイルも素敵だと思いました。「話し合って決める」って、シンプルなように見えて、難しいじゃないですか。でも、和さんのご家族は、それぞれ自分の意見を言って、ほか家族の意見を聞いて――双方向のコミュニケーションを成り立たせていて、すごいなと感銘を受けました。

 読みやすかったのは、日記という形式だったこともあるのかな。私、子供の頃から日記が好きだったんですよ。友達との交換日記にはすごくハマった記憶があります。懐かしい(笑い)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン