国内

高市早苗独白60分 「後見人・安倍晋三」と女性総理への道

高市早苗・政調会長にノンフィクションライターの常井健一氏がインタビュー

高市早苗・政調会長にノンフィクションライターの常井健一氏がインタビュー

 世界では続々と女性リーダーが誕生しているのに、日本ではいまだ実現していない。それほどまでにこの国の「ガラスの天井」は硬いのか──。先の自民党総裁選で岸田総理に肉薄した高市早苗・同党政調会長(61)は、日本初の女性総理候補のひとりと目される。ノンフィクションライターの常井健一氏が斬り込んだ。「週刊ポスト」の新シリーズ《女性総理、誕生!》から飛び出したスピンアウト企画。【全4回の第1回】

 * * *
──高市さんといえば、保守系言論誌で独自の国家像を打ち出す硬派な論客、という印象が強かったのですが、昨年9月の自民党総裁選に出た際、いろんなメディアに登場する様子を見て、イメージが変わりました。

「え?」

──高市さんと同じ、関西出身の替え歌のカリスマ、嘉門タツオさんと対談しましたよね?

「ああ(笑)。『チャラリ~、鼻から牛乳~』ね。あれを『チャラリ~、奈良から総裁~』と嘉門さんがアレンジしてくださっていましたね」

──嘉門さんがそれを口ずさんだ瞬間、隣に座っていた高市さんが不意に立ち上がって、「ヨッシャ」と呟いた。「強いリーダー」を演じる総理候補に、こんな気さくな一面があるんだと初めて知った読者も多いと思います。

「実はあの総裁選の間、コロナワクチンの副反応がひどくて、昼間はほとんど議員宿舎でダウンしていたんですよ。発熱はなかったのですが、体中の関節が痛んで、まともに歩けない状態でした。1日に3錠しか飲めない鎮痛剤を20錠も飲みながら討論会に臨んでいたんです」

──全然、そうは見えませんでした……。

「それだけ薬を飲むと腸が荒れて、座っているだけでお尻から血が噴き出るんです。それでも外に出れば、カメラで撮られるから、力強く歩かなければならない。朝と夜のテレビ討論会に出る直前にも4錠くらい鎮痛剤を飲んで、頭がボーッとして司会者の言っていることがよく理解できない時もありました。だから、自分の考えを一方的に話していた感じがします。ホントに反省です」

──見ている方は日に日に議論が深まっていく感じがしましたけど、舞台裏では大変だったんですね。総裁選中には、夜の自宅でTシャツ姿でくつろいでいる様子も映像で流れていましたよね。

「実は、あれが困ったんや……」

──いったい、何が?

「私は家事もダメだし、料理もヘタやし、何の取り柄もないんですが、テレビ局からあの映像を撮りたいと言われた時は部屋じゅうが『書類の山』で、片付いていなかったんです。総裁選の直前に政策集を1冊書いたでしょう。私は自分で原稿をパソコンで打って、校正も自分でやります」

──高市さんクラスの政治家になると口述筆記にして、秘書に丸投げする人がほとんど。ちゃんと自分で書く人は珍しい。

「でも、自分が持っている情報が古い場合もあるし、海外の事情も含めてファクトチェックをしないといけないから、役所や国会図書館から最新の資料を取り寄せます。それがいくつもの山となり、リビングを埋め尽くし……。ワクチンの副反応で指関節もイカれていたから片付けができなかった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン