芸能

高田文夫氏が回顧 アイドルだけど時代劇ものが絶品だった元祖「御三家」

「御三家」について振り返る

「御三家」について振り返る

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は西郷輝彦さんの訃報をうけて、「御三家」について回顧する。

 * * *
 西郷輝彦(享年75)が力尽きた。橋幸夫、舟木一夫と共に「御三家」と呼ばれ大変な人気を博した。『君だけを』でデビューしていきなり大ヒット、『十七才のこの胸に』を歌っていた時、私は15歳。代表曲は『星のフラメンコ』。

 私は御三家のヒットの中でも意外に時代劇のものが好みで、橋は勿論『潮来笠』縞の合羽に三度笠である。舟木は絶品『銭形平次』。“男だったら ひとつに賭ける かけてもつれた謎をとく”である。

 そして西郷は『江戸を斬る』の遠山金四郎。最近の若い人は、あまり時代劇はやらないネ。ジャニーズの“清水次郎長一家”とかないものな。

 私のような古い人間なら覚えているだろう、この「御三家」に三田明(美しい十代)を加えると「四天王」と呼ぶ場合もあった事を。“青春歌謡”が大全盛の時代です。梶光夫、安達明、叶修二なんて方もいました。我々団塊の世代の姉たちが夢中になった「平凡」「明星」時代です。少し前まで歌謡界は御大たちの四天王が牛耳っておりました。三橋美智也、春日八郎、三波春夫、村田英雄。この名前がいまという時代に並ぶと凄いですネ。

「御三家」の次の時代「新御三家」と呼ばれたのが郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎。西郷輝彦のようにここでもひとり、西城秀樹が亡くなっています。西郷に西城、不思議なめぐりあわせです。

 日本人は古くから「三」という数字が好きなようで、芸能界でもやたら「三」でくくります。「花の中三トリオ」と呼ばれたのが山口百恵、森昌子、桜田淳子。もう誰ひとり芸能界にはいません。その前の三人娘が小柳ルミ子、天地真理、南沙織。小柳は今サッカー界でガンバッております。その昔スパーク3人娘と呼ばれていたのが中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり。スマイリー小原が指揮する『スパーク・ショー』などで踊っておりました。そして何より「元祖・三人娘」が美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみです。どうです? お父さんたち、懐しさに涙がチョチョギレそうでしょ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト