ライフ

【新刊】林真理子が描く、当事者のみ実名の稀有な恋物語『奇跡』など4冊

book

世界的写真家と梨園の妻が秘めた恋。当事者のみ実名で記す希有な男女の物語

 だんだんと暖かい日が増えてきたこの時期。ゆっくりと読みたいおすすめの新刊4冊を紹介する。

『奇跡』/林真理子/講談社/1760円

 写真家とは田原桂一氏(1951〜2017年)。お相手は梨園の妻だった博子氏。2人が出会ったときパリ在住の田原氏52才、博子氏33才。幼子連れで逢瀬を重ねる切ない恋で、田原氏が日本に本拠地を移してからは婚家と田原邸を往復する二重生活に。林真理子氏が語り部になったほぼノンフィクションの恋物語で、肉体的にも精神的にも“この人しかいない”という無二の関係に圧倒される。

book

出版社が付けてくれた師匠がイケメンとは。それって、ズルくないですか?

『老後とピアノ』/稲垣えみ子/ポプラ社/1650円

 分かるな〜、またピアノが弾けるようになりたい気持ち。早期退職後53才にして40年ぶりにピアノを再開した著者。指は動かず脳はフリーズ、楽譜も老眼で見えない。が、徐々にカンを取り戻し、発表会にも出る。40年前と今とは何が違うのか。履修と修得の違いかもしれない。前者は義務教育みたいな努力、後者は自分で見つける音の喜び。挑んだ曲の一覧に著者の個性がほの見える。

book

人間の生殖器は下、植物のそれは上。「植物は逆立ちした人間である」(アリストテレス)

『怖くて眠れなくなる植物学』/稲垣栄洋/PHP文庫/814円

 正体不明の植物が繁茂する森に取り残されたら確かに怖い。一瞬で獲物を呑む肉食のハエトリソウ、上から下に伸ばした根で他の木を簀巻きにする絞殺魔ガジュマル、巨大「ひっつき虫」は、傷の化膿で百獣の王も衰弱死させる。利益開発で砂漠化しつつある地球を地中の微生物の目で、「植物登場以前の原始の地球環境を取り戻しつつある」と書く強烈な皮肉がとどめのホラーに。

book

14才で作家デビューした10代作家。加山雄三や勝新など例が昭和なのに笑う

『落花流水』/鈴木るりか/小学館/1540円

 今回の主人公は高3の水咲。隣の立派な落合家は代々教師の家で、6才上のお兄ちゃんは水咲も通う母校で生物学の先生をしている。水咲は落合家の嫁にふさわしいよう自分も教師になろうと決意しているが、ある朝お兄ちゃんは下着泥棒で連行されてしまい……。恋する人がエロ犯!? どんでん返し、ありますよねと祈りながら読みました。鈴木さん、お願い、ぜひ続編を書いて!

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年3月17日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン