国際情報

「酒」と外交 プーチン氏と側近が大喜びしていた日本政府からの贈り物

かつて安倍氏は日本酒をふるまったが(写真/EPA=時事)

かつて安倍氏は日本酒をふるまったが(写真/EPA=時事)

 外交交渉にあたって、首脳同士が個人的な関係を深めるために、「酒」を酌み交わすことがツールになってきたことは過去にも数多くある。それによって成果が得られたこともあるが、今まさにウクライナ侵攻で世界を恐怖に陥れているロシアのプーチン政権との関係構築にあたって、日本政府の枢要にあった政治家がどんな姿勢を取り、どんな贈り物をしてきたかは、検証されてしかるべきことではないだろうか。

 過去に“酒の席”での話が、外交交渉にあたって一定の役割を果たしたとして語り継がれてきたエピソードは複数ある。ベテラン政治ジャーナリストはこう話す。

「1972年の日中国交正常化交渉を巡っては田中角栄首相が、周恩来首相から人民大会堂に招き入れられてマオタイを酌み交わしたことが知られていますし、ソ連との領土交渉に際しては、下戸であったという当時の河野一郎農相がフルシチョフ氏(ソビエト共産党第一書記)を前にウォッカを飲み干したというエピソードも関係者の間で語り継がれてきました」

 そうした“伝統”があるからか、プーチン政権との外交交渉にあたっても、日本政府の重要ポストを担う政治家たちは「酒」を意識してきたフシがある。

「2016年に来日したプーチン氏に対し、当時の安倍晋三首相は地元である山口県長門市の高級老舗温泉旅館『大谷山荘』で手厚くもてなしました。その際には、萩市の酒造場がつくる日本酒『東洋美人 壱番纏』を振舞って好評を博した。

 また、プーチン氏の側近であるラブロフ外相は大のウイスキー好き。それゆえ、2019年の外相会談では、当時の河野太郎外相が日本産のウイスキー『響』の17年ものをプレゼントしている。河野外相は、自身がフルシチョフの目の前でウォッカを飲み干した河野一郎氏の孫であることも意識していたのではないか。同年11月に河野氏から外相を引き継いだ茂木敏充氏(現・自民党幹事長)も、同様にラブロフ氏に『響』をプレゼントしているから、贈り物は好評だったのでしょう」(前出・政治ジャーナリスト)

 ロシア人には、ウォッカなど強い酒を好んで飲むイメージがあるが、こうした贈り物は、安倍氏のもとでなんとかロシアとの関係を改善して、北方領土交渉を進めようとするなかでの“外交努力”であったと考えられる。しかし、ウクライナ侵攻によってロシアが国際社会からの批判の集中砲火を浴びる状況下では、日本側にとって“消したい過去”にもなるのだろう。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン