ライフ

がん治療「CAR-T細胞療法」白血病の少女が10年後も寛解維持した例も

「CAR-T細胞療法」で命を救われたエミリー・ホワイトヘッドさん(本人のTwitterより)

「CAR-T細胞療法」で命を救われたエミリー・ホワイトヘッドさん(本人のTwitterより)

 がん治療法は長年にわたって手術、抗がん剤、放射線の「3大療法」が標準とされてきたが、それが大きな変革の時を迎えている。新たな治療法の登場により、これまで3大療法では命が救えなかった症例に光が差している。

 そのひとつが2019年に日本で治療薬(キムリア)が承認された「CAR-T細胞療法」だ。がん細胞を攻撃する免疫細胞で中心的役割を果たす「T細胞」の働きを“増強”することで効果を発揮する。毎日新聞医療プレミア編集長で『がん治療の現在』の著書がある永山悦子氏はこう話す。

「CAR-T細胞は一部の血液がんの治療薬として2017年に米国で実用化されました。これまで治療が進まず命を救えなかった種類のがん患者が長生きできるようになり、医師たちは『驚異的な効果だ』と口を揃えています」

 どのような薬なのか。『親子で考える「がん」予習ノート』の著者で国際医療福祉大学病院教授の一石英一郎医師が説明する。

「CAR-T細胞療法は、患者さんから採取した血液に含まれる『T細胞』という免疫細胞の遺伝子を改変し、がんへの攻撃力を高めて、体内に戻す免疫療法です」

 2007年以降、米国を中心に臨床試験が始まり、現在は臨床の現場で使われている。この治療法が一躍世界に知られることになったのが、2012年に実施された臨床試験だった。米国人女性エミリー・ホワイトヘッドさん(当時7歳)の命が救われた。

「急性リンパ性白血病で、抗がん剤も効かず骨髄移植もできなかったエミリーさんにCAR-T細胞療法を施すと、がんが消えたのです。エミリーさんは毎年、『がんから解放されて○年!』と書いたボードを手にした写真をSNSに投稿して、関係者から注目されています。2021年5月には『9年』の写真を公開しました」(永山氏)

 同療法をめぐっては、最近も成果が発表された。

「英科学誌『ネイチャー』に今年2月に掲載された米ペンシルベニア大学の研究チームの論文によると、2010年の臨床試験でCAR-T細胞療法を受けた再発性・難治性の白血病患者2人が、10年経った今も寛解を維持しているそうです。この症例報告はがんに打ち克ったと読める。革命的なことだと思います」(一石医師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト