ライフ

検察官たちの懊悩を描く短篇集第2弾 直島翔氏「法より人間力の方が素敵」

直島翔氏が新作を語る

直島翔氏が新作を語る

【著者インタビュー】直島翔氏/『恋する検事はわきまえない』/小学館/1760円

 有能、実直ゆえに出世できない、東京地検浅草支部の窓際検事〈久我周平〉を主人公に、広く警察権を巡る行使の実際や問題点をミステリー仕立ての中にも浮き彫りにし、人気作となった第3回警察小説大賞受賞作『転がる検事に苔むさず』。

 著者・直島翔氏は新聞社勤務の58歳。社会部時代に検察庁を担当した経験や「いつかは短い記事やコラムだけじゃなく、長いものが書きたい」という衝動が小説に向かわせたという。

「要はずっと好きで読んできた本の世界に、自分でも参加したくなったんです」(直島氏、以下同)

 続編にあたる『恋する検事はわきまえない』は、久我から検事の心得を仕込まれ、鹿児島地検へと飛び立った後輩検事〈倉沢ひとみ〉の異動後を描く「ジャンブルズ」など、計6篇を集めた連作短編集。各事件のサイズ感や伏線と伏線の絶妙な絡ませ方など、長編とはまた違う切れ味が楽しめる一冊となっている。

「日本の司法行政に関して僕なりに考えはあるものの、そんな論文、誰も読みたくないですからね。とにかく皆さんに面白く読んでもらうのが、一番の目標でした」

 前作の表題はもちろん、自身もファンだというかの音楽界のレジェンドに由来。が、検事は転勤の多いのも確かで、上層部に盾突いてばかりの倉沢が着任早々、高騰する鰻の稚魚の密漁事件を手がけ、そこに南九州特有の文化や利権構造が絡んできたりと、地方色に根差した謎や展開が楽しい。

 また表題作では東京地検特捜部初の女性検事として知られ、久我を特捜に推薦してきた元福岡地検検事正〈常磐春子〉の独身時代に舞台は一転。現在は弁護士事務所の理事長を務める常磐が久我を誘い、昔話をする形で物語は進む。それはそのまま、この国の司法行政の30年を振り返るクロニクルともなっている。

「常磐は昭和と平成の境に入庁した雇均法第一世代。当時は彼女に求婚する〈藤川聖也〉のような国際派の弁護士が活躍し始めた頃で、日本の知財裁判は世界から遅れに遅れ、何かあったら海外で訴訟を起こすしかないような面があった。

 その後、平成17年にようやく知財高等裁判所ができますが、日本の民事裁判は遅れ、競争政策の担い手である公取委の仕事ぶりも国際基準にほど遠かった。日本はG7に加盟しながら世界と同じルールで勝負してこなかったわけで、その流れが1985年のプラザ合意を境に大きく変わるあたりを背景に、若き日の常磐の恋や結婚にからめてみようと。つまり恋ありきではなく、この30年を書いてみたいという思いの方が先でした」

 一見強面な常磐が、誰をどんな基準で夫に選んだかは作中に譲るとして、本書は倉沢と鹿児島出身の墨田署巡査〈有村誠司〉の現在進行形の遠距離恋愛や、常磐や久我の過去を挟んだ、外伝的な趣も。そのいずれにも魅力的な謎が配されるリーダビリティもさることながら、作中事件の多くが全くの虚構とも言いきれないことに、私たちは改めて溜息をつくことになるのだ。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト