ライフ

岡田晴恵氏がノロウイルスを解説 ワクチンもなく「したたかなウイルス」

冬季をピークに流行する「ノロウイルス」の特徴は?(イメージ)

冬季をピークに流行する「ノロウイルス」の特徴は?(イメージ)

 今もその対応に悩まされている新型コロナウイルスだけでなく、人類は感染症とともに生きてゆかねばならない。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、経口で感染し激しいおう吐や下痢、腹痛などの症状が特徴で、ワクチンがなく対処療法で治療するしかない「ノロウイルス」について、さらに解説する。

 * * *
 感染症対策の岡田晴恵です。さて、今週は嘔吐や下痢などの急性の胃腸炎を起こすノロウイルスを取り上げましょう。

 学校や職場などでの集団感染の報告も多く、この時期は特に注意すべき感染症です。

 ノロウイルスというと二枚貝をイメージされる方もおられると思いますが、主な感染経路はそれだけではありません。

 ノロウイルスは口から入って12時間から48時間を経て、吐き気、嘔吐、下痢を主な症状として発症します。通常は数日で軽快しますが、脱水や吐瀉物による窒息などにも注意が必要です。吐き気があって、なおかつ横になる場合は、体を横向きにして寝かせて、吐瀉物を喉に詰まらせないようにします。特に高齢者や乳幼児は脱水と窒息により注意してください。嘔吐の症状がおさまったら少しずつ水分を補給し、消化の良い食事を摂るようにします。脱水がひどい場合には医療機関で輸液を行なうこともあります。

 ノロウイルスのしたたかさは、ごく少数のウイルスで感染が成立する点です。感染者の糞便1グラムの中には1億個、吐瀉物1グラムには100万個以上のノロウイルスがいるのに対して、数十個が人の口に入れば感染します。よく手を洗ったつもりでも、その手に少数のウイルスが残って、次の人への感染源になります。

 汚染物に触れた手で口に触れたり、また食品に触れてウイルスが付着すると、それを食べることでも感染するのです。さらに下痢が止まって治ったと思った後にも、2週間くらいは便の中にウイルスが排泄されて、これがまた感染源になります。実にしぶといウイルスなので、トイレの後には手洗い励行です。

 また、トイレの蓋を閉めて流すこともポイントです。水流でウイルスが舞いあがって、周囲に長時間浮遊し、次にトイレに入った人がそのウイルスを吸い込んで感染するのを防ぐためです。もちろん、トイレの換気も重要ですね。

 さらにノロウイルスは消毒用アルコールでは不十分で、塩素系漂白剤を使って消毒をします。吐瀉物は、実は広い範囲に飛び散っていますから、きちんと消毒しながら除去します。カーペットの毛足に残っていたウイルスが数日間以上経った後に掃除機の排気で空中に拡散して、それを吸い込んだ人が集団感染を起こした事例もあります。

 一方、下水に出たノロウイルスの一部は不活化されずに河川から海に出て、二枚貝の中腸腺に濃縮されます。その二枚貝を不十分な加熱で食べることで、人が感染することがあります。食品からの感染を防ぐには、85℃で1分間加熱することが必要です。

 ノロウイルスは1年を通じて発生しますが、冬季をピークに流行します。悩ましいことにノロウイルスにはワクチンがありません。

【プロフィール】
岡田晴恵(おかだ・はるえ)/共立薬科大学大学院を修了後、順天堂大学にて医学博士を取得。国立感染症研究所などを経て、現在は白鴎大学教授。専門は感染免疫学、公衆衛生学。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン